トップ

 

副都心線 開業一番列車。 2008年
6月 14日(土)



6月14日午前5時11分過ぎ、西早稲田に到着する
東京メトロ副都心線の開業一番列車です。




徹夜で飲んで来たらしき早稲田の学生など、小さな駅なのに
たくさんの客がいてびっくりしました。


しかし開業日の始発という、記念すべき列車なのに
来たのは7000系という有楽町線開業時にデビューしたボロ電車。


せめて開業日だけでも最新型の10000系を走らせればいいのに、
東京メトロって融通の利かない会社だなぁって思ってしまいました。



私はこの一番列車に乗ってみたのですが、
車内は平日午後の山手線並みにけっこう込んでいました。






ただ、東新宿の駅にはだれもいなかったのが印象的というか…。



東新宿には、新線開業に興味のあるひとなんて住んでないんでしょうか。



そして新宿三丁目で一番電車とはお別れ。




しばらくホームをぶらぶらしていると、午前5時56分すぎ、
【東京メトロ史上初となる急行列車】が新宿三丁目に到着しました。





…車両は東武鉄道のものでちょっとがっかりでしたが。






新宿三丁目駅は、ホームから改札のある階まで
吹き抜けがあるのが特徴。

ただ、同じ吹き抜けなら副都心線渋谷駅のほう
かっこいい感じですね。



駅構内には開業記念グッズの販売を待つ行列が。



8時からの販売でまだ2時間もあるというのに、行列の長さは
200m以上はあったでしょうか。





新宿三丁目の改札を出て…。




臨戦態勢の伊勢丹。

副都心線商戦では、たぶん“一人勝ち”となることでしょう。




そして新宿高島屋。

当初の計画では、新宿三丁目駅はもっと北側、伊勢丹のすぐ横から
花園神社の方向に作られる予定だったそうですが、それが現在の
位置になったのは高島屋の強い強い働きかけによるものとか。


再び地下に降りると、初のお目見えとなる8両編成の10000系が
走っていました。





車内はぴっかぴか。




この日の午後も副都心線に乗って渋谷まで行ってみたのですが、
渋谷の人出は普段の土曜日の150%といった感じ。




夕方の副都心線渋谷駅はあまりの込みぶりに乗るのを諦めたほどでした。

身内の話によると、新宿三丁目駅では改札の外にまで人があふれ、
切符の販売も停止していたとのこと。

ここしばらくは週末のたびにすさまじいことになりそうです。



「東京の人の流れを変えてしまう」と言われた副都心線の開業。


“池袋が滅ぶ”などと言われていますが、実際にどんな変化をもたらすのか。
しばらく注視していきたいと思います。





この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080614


感想はこちら

トップに戻る

 

“煙突スピーカー”の時代。 2008年
6月 7日(土)



かつて、私はオーディオ小僧でした。

毎号欠かさず「FMfan」を買い、NHK-FMの番組表を隅から隅まで
蛍光ペンでチェックしては、いまや死語となった“エアチェック”をしていました。

番組表に書いてある曲の時間に合わせてカセットテープを選び、
いかにきれいに無駄なく収めるかが腕の見せどころ。
そうそう、曲間の無録音を作るために「REC MUTE」なんてボタンがありましたっけ。

しかし、CDの登場によって音質が飛躍的に向上したと同時に、
その手軽さは「音楽を聴く」という行為をあまりにも自由にしてしまいました。

レコードに針を落とし、最初の音が出るまでの緊張の一瞬がなくなってしまったことで、
オーディオは趣味として成り立たなくなってしまったような気がします。

また、私自身も独り暮らしを始め、音を大きく鳴らせる住環境ではなくなったことも
オーディオという趣味から遠ざかるひとつの原因となりました。


しかし遠ざかっていた十数年の間に、オーディオの世界には大きな変革の波が
訪れていたようです。


その最も大きな変化はスピーカーです。


先日、ふとしたきっかけで試聴してきたのはこれ(↓)。



左右に立つ、2本の煙突のようなものがスピーカー。

「タイムドメイン」という、京都の小さなメーカーの製品です。





ユニットはてっぺんに8cm口径のものがひとつだけ。
いわゆるフルレンジというやつで、このひとつで低音域から高音域まで
全帯域を再生しようというのです。

しかし8cmなんて口径はおもちゃのようなもの、
ラジオのような音しか再生できない、というイメージがあります。


ところが、実際に聴いてみてひっくりかえってしまいました。

その音の広がりと、スピード感に。
低音域がこのサイズから想像もできないほど出ていることに。

まず、楽器のひとつひとつがまさに指差せるほどしっかりした音像を結び、
まったく揺るがないのです。

しかもそれらの音像はスピーカーとはまったく関係なく周囲にまで広がり、
スピーカーの存在を忘れてしまうほど。いわゆる“音離れ”がよい音です。


200Hz前後の低音域が少し軽いな、という印象はありましたが、
ボーカルのゾクゾクくるような生々しさ、オーケストラの音場の広がり、
残響の細やかさはこれまで聴いたことがないほどのもの。

すごく小さなアンプと“煙突”2本のセットで31万5,000円。

おいそれと買える金額ではありませんが、もしまっさらから
システムを揃えようとするならば決して高い金額ではありません。


かなり心が揺らぎました。



そしてもうひとつ聴きに行ったのが、これ(↓)。



これもまた“煙突スピーカー”です。

ちなオーディオ(知名御多出横)という沖縄の小さな工房の作品です。

基本的な構造はタイムドメインと似ているようで、
筒の一番下のスリットから低音域をひねり出すような感じ。

このメーカーの場合、様々な口径のユニットが用意されていますが、
写真のものは8cmフルレンジ一発で高さが1m弱。
小さなアンプとのセットで20万円です。

これも音像定位はすばらしく、音離れの良さでもタイムドメインに引けをとりません。
しかも低音の出が非常によく、コントラバスの弦を弾いたときの“ボンッ”という音が
音圧となって心臓に直接触れてくる感じ。

高音域が若干暴れるような歪み感がありましたが、もしかしたらこれは
試聴した部屋がコンクリート壁の地下室だったために、部屋の“鳴り”が
加わったのかもしれません。

音質ではタイムドメインとは甲乙つけがたく、あとは好みの問題のレベル。
これもまた心揺さぶられるスピーカーでした。


このふたつの“煙突”スピーカー、形状以外にもけっこう共通点があります。


まず使われているユニットが自作マニアにはお馴染みのフォステクス製。

我々の世代のオーディオ小僧なら誰もが知っている“教祖”、長岡鉄男氏が
設計したスピーカーに必ずといっていいほど使われたことで知られています。

ただ、市販のものをそのまま使っているわけではなく、細部の仕様を変更して
調達しているようですが、こうしたところにアマチュアリズムを感じさせます。


もうひとつの共通点は、どちらも強い個性を持つひとりの男が作りあげたということ。

タイムドメインは、オンキョーをリストラされたエンジニアが執念で作り上げたもの。
ちなオーディオは、米軍基地に出入りし独学で技術を学んだ男がたどり着いたもの。
アプローチのしかたは違っても、同じ形のスピーカーにたどり着いたというところに
興味深いものがあります。


さらにもうひとつの共通点は、接続するCDプレイヤーなどの機器を選ぶということ。

「機器を選ぶ」と言った場合、普通は高級機であることが前提であり、そのなかでの
相性を指す場合が多いのですが、このふたつのスピーカーシステムに限っては
「高級機との相性はかえって悪い」とのことで、かえって安いもののほうが良いと
されています。

タイムドメインの推奨品はソニーのポータブルCDプレイヤー、ちなオーディオでは
なんと6,000円のDVDプレーヤーが推奨品。

これまでオーディオ機器に湯水のごとくカネをつぎ込んできたマニアにとっては、
まるでこれまでの人生を否定されるかのような話。
それゆえにマニアであればあるほど、これらのスピーカーの音を実際に聴いても
あえて頑迷なほどに否定しようとするのだそうです。


しかしその音場の広がり、音離れの良さ、微細な残響の描写、そしてボーカルの
生々しさはこれまでのオーディオの常識を覆すもの。

これから日本のスピーカーの姿、いやオーディオそのものを大きく変えていきそうな
気配です。





私はといえば、これらの煙突スピーカーに出会ってから、「テラーク」のCDを
引っ張りだしては聴き直すようになりました。

テラークといえば、アナログレコード末期に音の良さで評判だったレーベル。
ステレオの原点とも言うべき、わずか3本のマイクによる録音は、個々の楽器の
位置やホールの響きまで余すところなく描き出すものとして人気となりました。


いま一度、これらの音源をそのまま引き出し、聴くことができたら…。


買うならタイムドメインとちなオーディオのどっちがいいかな、いや、その前に
実家にある「スワン」を取り寄せて我が家のメインに据えてみような、などと
妄想しながら、いつしかかつてのオーディオ小僧の血が熱くなりはじめています。


“音”にしびれた、久しぶりの体験でした。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080607


感想はこちら

トップに戻る

 

奇妙なパビリオン。 2008年
6月 3日(火)



渋谷のはずれに、奇妙なものが出現しました。



代々木体育館の敷地。

ついこないだまで「ドラリオン」をやっていたあの場所です。



甲殻類のような、カタツムリのような、捉えどころのない形。




壁の一部が、飛行機のドアのような開き方をする
隠し扉になっていたりしてますます不思議です。




メインの出入口には自動ドアがあって、そのむこうに大きな空間があるようです。




中をのぞくと…。

室内の壁には、たくさんの絵画が飾られているようです。




道路に面した場所には看板が。

「MOBLE ART」。

調べてみると、シャネルが主催する現代美術の展覧会で、
この奇妙なパビリオンとともに世界各国を巡回していくとのこと。

館内には20組の現代アーティストに委嘱した作品が展示され、
客は入り口で渡されるMP3プレイヤーの音声に従って作品を観ていくのだとか。

この場所での開催は7月4日(金)まで。
入場は無料ですが、事前に予約が必要なようです。


くわしくはこちら。
http://www.chanel-mobileart.com/




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080603


感想はこちら

トップに戻る

 

羽田で見つけた。 2008年
5月 31日(土)



JALの「鶴丸印」が、きょうのフライトを最後になくなってしまったそうで。



けっこうすぐれたデザインで、すごく好きだっただけに残念です。


でもこのデザイン、もともとは仏教(日蓮正宗)にあったものを基に
加工したもののようです。まあ、簡単に言えばパクリですね。


(参考)
万葉堂(日蓮正宗専門仏具店)



さて先日、身内を見送りに羽田空港に行ったら、
見慣れない航空機がありました。



緑色に塗られたJAL機です。


調べてみるとこの航空機、「エコジェット」の愛称で6月から就航するとのこと。


「JAL「空のエコ」宣言!」(日本航空プレスリリース)




また、羽田の隅っこにはこんな航空機も。




イリューシン62M。


旧ソビエト連邦で開発・製造された機体で、アエロフロートで
主力として活躍したほか、共産圏諸国でも数多く使われていました。

むかしよく、“アエロフロートでは機内で雨が降る”というエピソードを
聞きましたが、そのときの機材はこれだったのでしょうか。


今回、羽田に来たのはスーダンの政府専用機として。
アフリカ開発会議へのスーダン首脳の参加のためです。

騒音が大きいため、本来ならばもう日本の空港には発着できない
のですが、政府専用機ということで特別に飛来できたようです。


イリューシン62Mのもっときれいな写真はこちら(asahi.com)



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080531


感想はこちら

トップに戻る

 

ちょっとエロチック? 2008年
5月 25日(日)



家電量販店で見つけました。





オーディオコンポーネントのスピーカーなのですが、
なんか普通のものとはちょっと形が違うようです。



違うのは、高音部を受け持つツイーターという部分。




…これって、ちょっとエロチック?


音質を追い求めた結果こうなったようですが、見ていて
なんかこそばゆくなってしまいますね。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080525


感想はこちら

トップに戻る

 

ああやっちゃった。 2008年
5月 22日(木)




高田馬場駅で見かけた広告です。




この広告の写真、何かがおかしいと思いません?




実はこれ、





手が、逆についているのです。



つまり、人指し指を立てている手は右手。

なのに身体の左側についています。



これはあまりにもみっともない。


もしかしたら、なんらかの意図があってかもしれませんが
見てて不安・不快になるようなものは広告として失敗でしょう。



クライアントも途中で気づかなかったんでしょうかねぇ。




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080522


感想はこちら

トップに戻る

 

キーが怖い。 2008年
5月 16日(金)





先日、マツダの新車に乗る機会がありました。



キーの取り出し方が独特で驚きました。



ごらんください。






…おそろしい。


これって、「仁義なき戦い」の舞台・広島ならではの演出なのでしょうか。



これを良しとする発想が理解できません。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080516


感想はこちら

トップに戻る

 

響きわたるプロポーズ。 2008年
4月 28日(月)




広島の「味よし」という、カウンターだけの小さな店での話です。


隣に、40歳前後の男が女性を連れて来ていました。


コースが進み、けっこう酔いがまわってきたころ、
男がいきなり店の主人に向かって話しかけます。



「大将!」


けっこう大きな声です。


「バツイチの俺がもう一度結婚するとしたら、相手はこのひとじゃけぇ。」





…店内が凍りました。


いきなり、しかも第三者に話すふりをしてのプロポーズです。


しかもバツイチであることまでわざわざ店じゅうに披露して…。




私は、このあと女性の顔を見ることができませんでした。



このふたりがその後どうなったか、知りたいものです。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080428


感想はこちら

トップに戻る

 

いけじめ。 2008年
4月 26日(土)




先日、瀬戸内海の周防大島(すおうおおしま)という島に行ったときのことです。





道の駅の鮮魚直売所で、一枚の張り紙に目がとまりました。






刺身について説明しているようなのですが…。









なにも説明してない…。




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080426


感想はこちら

トップに戻る

 

こんな成分が。 2008年
4月 23日(水)




島根県に、温泉津(ゆのつ)という小さな温泉街がありました。



ひなびた街の風情がすてきです。





源泉につながる公衆浴場の湯船は、
湯の花が固まって芸術的な雰囲気さえ感じられます。




この温泉、なんでも、日本温泉協会による審査の結果、
泉質・加水の有無など6項目すべてで5点満点を得たとか。



更衣室には、成分表示も堂々と掲げられています。





ところが、よく見ると…。







…なんですかこれは。





どう見ても「ウ」にしか読めないところが笑ってしまいますね。






そうそう、この温泉街にはもうひとつありました。





「ナウな髪形」っていったい…。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080423


感想はこちら

トップに戻る

 

副都心線、あと55日。 2008年
4月 20日(日)



6月14日開業まであと55日と迫った東京メトロ副都心線

建設中の渋谷駅を再び見学させてもらうことができました。




まずは下の映像をごらんください。
(画面をクリックすると再生が始まります。注:音声あり




到着したのは試運転の車両・東京メトロ7000系です。

8両編成でしたから、普通列車(各駅停車)として運転される車両です。




車両をのぞくと、職員がいろいろとチェックしているようでした。



現在、「養成運転」といって運転手を訓練するための試運転を
やっている段階だそうで、そのためのダイヤもできていました。



西武池袋線、東武東上線との相互乗り入れですから、
この渋谷駅にもすでに西武・東武の車両が入ってきているとか。

東京メトロの線路内では、他社の乗り入れ車両もすべて
東京メトロの運転手が運転することになりますから、
その車両の操作に習熟するというのも大事な訓練となるのです。




ホーム階はほぼできあがった感じ。


行き先案内板も準備万端といった感じでしょうか。



西武池袋線は飯能行きが乗り入れてくるようです。




駅構内の4つの線路のうち、内側の2つは東急東横線との直通運転開始まで
使われないので、その上に仮設の通路を設けて自由に行き来ができるように
するとのこと。



駅の南の端は壁があって行き止まり。



今後この壁の向こうから、東急東横線代官山駅に向けて
掘り進んで行くことになります。



この駅の特徴は、コンコース階からホーム階につながる吹き抜け。

上から見おろすとこんな感じです。



ホーム階では、下からこの吹き抜けを見上げられるようにと、
新たに仮設の通路を作っているところです。

視察した建築家・安藤忠雄さんの発案で急遽、設けられることになったとか。



その通路の上から見上げるとこんな感じ。





その安藤忠雄の発想による「地宙船」という卵型の構造物も
具体的な形を見せていました。

この卵形の曲線に沿ってエスカレーターで降りていく形になります。



下の写真は2月の見学の際の写真ですが、
真上をクロスする半蔵門線の躯体(コンクリート構造物)が見えていました。



それが現在はこんな感じ。



きれいに隠されてしまいます。



そして下の写真は、副都心線渋谷駅とその上を走る明治通りとの間の空間。



上の天井が明治通りで、この上を車がガンガン走っています。

現在のJR渋谷駅東口一帯は、鉄骨の柱で支えられた仮設の地面であり、
コンクリート製の地面の下にはこんな巨大な空間が広がっているのです。
地上からはとても想像できません。

今後この空間をきれいにまた埋め戻して、地下鉄駅の建設作業は
終わることになります。


開業まであと55日。

しかし駅の建設自体はあと2週間で完了し、
国土交通省などの検査を受けて開業への準備が進んでいくことになります。


しかしまあ、モノつくる仕事、地図に残る仕事というのは
やっぱりすばらしいな、とあらためて思いました。

関係者のみなさん、ありがとうございました。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080420


感想はこちら

トップに戻る

 

アッチョンブリケ。 2008年
4月 2日(火)






こういう顔って実際にできるものなんですねぇ…。


ピノコだけの特権かと思っていました。


                      (本人と保護者の許可を得て撮影・公開しています)




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080402


感想はこちら

トップに戻る

 

はい、チーズ。 2008年
3月 26日(水)




隠し撮りしている人を見かけました。





新宿西口にある小田急ハルク地下の食料品売り場。


買い物客でにぎわうなかで、ビデオカメラを抱えて
コソコソ撮ってる男が。

よく見ると、外国人です。





機材はハイビジョンハンディカムのセミプロ用。

足もとには三脚の袋が転がっていましたから、テレビ局など
どこかのメディアの人間なのでしょう。




私がこんなに近くで撮っても気づかないほど
熱心に撮り続けていたもの…。



それはこれでした。



モッツァレラチーズ。

彼は撮影のあと、これを一袋買っていきました。


モッツァレラチーズはイタリア特産のくせのない味のチーズで、
ピザなどに使われます。

10年ほど前から北海道の日高乳業が生産を始めて人気商品となり、
いまではほかの国内メーカーも参入しています。


しかし、これをビデオカメラに撮って彼はどうしようというのでしょうか。


イタリア特産のチーズを、日本のメーカーがそっくりマネして作るのは
けしからん、とでも言うつもりなのでしょうか。

でも「モッツァレラ」はイタリア語で“引きちぎる”という意味。
この名前を名乗ったからといって怒られるわけでもなさそうです。


わけがわかりません。






【追記】
これって、イタリア産モッツァレラチーズのダイオキシン騒動関連だったようですね。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080326


感想はこちら

トップに戻る

 

これであなたも…。 2008年
3月 24日(月)




おもしろいCDを見つけました。





ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」。
以前から持っているCDが傷などでくたびれてきたための買い換えです。

この曲、昔むかしに私が吹いていた楽器のソロがあるので
よく聴いて真似して吹いていました。
私の楽器は地味な楽器だったのでソロは珍しいのです。


で、なにがおもしろいのか。


それは、日本語の帯にありました。




「ベルリン・フィル公式チューニング・サウンド入り!」だそうです。


しかも「日本盤のみ」という恩きせがましい文句つき。



“公式チューニング・サウンド”って書いてあるとなんかすごそうですが、
なんのことはない、演奏前の音合わせのA(ラ:440Hz~445Hz)の音。

演奏前にオーケストラが一斉に鳴らすあの“プァーン”という音です。





しかし、なぜこの程度の音を自慢げに、恩きせがましく書くのでしょうか?



その答えは、すぐ下にありました。









…よけいなお世話だ。






この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080324


感想はこちら

トップに戻る

 

ちゃんぽん天。 2008年
3月 23日(日)




 もうだいぶ前の話になりますが、新宿伊勢丹での「大九州展」で
「ちゃんぽん天」なる魚肉練り製品(西日本で言う天ぷら)に出会いました。





 出店のおばちゃんに聞くと

「ちゃんぽんを麺から具から全部そのまま入れとっとですよ。」

とのこと。



 以前、渋谷のおでんの店「ひで」「うどん」という、
うどんの麺がそのまま練り込まれたタネに衝撃を受けましたが、
今回の「ちゃんぽん天」もそれに勝るとも劣らない衝撃的な一品です。



結局、おばちゃんの迫力に負け、「ちゃんぽん天」を
1枚だけ買って帰りました。(4枚食べきる自信がないため)



じっくり見ると、たしかに麺らしきものや具らしきものが
練り込まれているようです。




切ると、麺らしきものがぴよんと顔をのぞかせます。



味のほうは、言われてから食べてみるとかすかな麺の食感や
ほのかなスープの味で「ああ、ちゃんぽんかねー。」と気づく程度で、
そうでなければ普通の天ぷら(練り物)として食べてしまうかもしれません。





魚肉練り製品は西日本、とくに長崎周辺で愛されてきた食べ物です。


それが長崎を代表する郷土料理「ちゃんぽん」と合体した
チャレンジングな食べ物「ちゃんぽん天」。

みなさんもどこかで会うことがあったら、ぜひ一度
挑戦してみてください。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080323


感想はこちら

トップに戻る

 

おいしいたい焼き。 2008年
3月 20日(祝)




おいしいたい焼きのお店を見つけました。



1個70円。

手のひらにおさまるお手頃サイズですが、
周囲にはみ出た生地の大きさがすごいですね。

この生地がぱりっ、さくさくっとしていて何とも言えないおいしさなのです。



このお店、早稲田大学の近くの甘泉園公園のすぐわきにあります。




「カタオカ」という名の小さなお店です。



平日は12時、土曜と祝日は11時からの営業ですが、
下の写真のように行列ができていることも珍しくありません。







中のあんがまたおいしい。



粒が残るか残らないかの微妙なつぶし具合の小豆。
あまり甘くなく、あっさりしているので何個でも食べられそうです。



実はこの店、本業はあんこの製造販売だそうで、昭和5年創業の老舗。


たい焼きを販売し始めたのはまだ 8年前とのことですが、さすがに
あんこを知り尽くしているだけあって、おいしいたい焼きとは何かという
ポイントをしっかり押さえている気がします。







近くにいた子どもに、モデルになって食べてもらいました。


                                (本人と保護者の許可を得て撮影・公開しています)


…おいしそうに食べる子だこと。




場所はここ。



大きな地図で見る


このお店、ホームページも持っていて、通信販売もしています。


でもやっぱり、プロの手による焼きたてがいちばんでしょう。

早稲田近辺に行くことがあったらぜひどうぞ。




この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080320


感想はこちら

トップに戻る

 

なんという標語。 2008年
3月 18日(火)




山口県の、とある港で見つけました。


漁業協同組合の建物のようです。





よく見ると、壁になにか標語のようなものが…。











なんと脅迫的な…。





この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2008sp.htm#20080318


感想はこちら

トップに戻る