トップ

 

ネットにつながった眼と耳。 2014年
6月 8日(日)



Softbankが発売するロボット。

ネットにつながり、遠隔管理された「眼」と「耳」が
家の中に入り込んでくるという「底知れぬ怖さ」に、
まったく気づかず報道しているマスコミは
つくづくバカなのかも。

孫正義ですよ、あなた。


この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2014sp.htm#20140608


感想はこちら

トップに戻る

 

僕らのこの手で大空を。 2014年
4月 21日(月)



この5月、日本で初めてとなるソーラープレーンが
福島での飛行にチャレンジします。

ソーラープレーンとは太陽電池を搭載し、その電力で
モーターを回して飛ぶ航空機で、海外ではいくつかの
例があるものの、太陽電池王国であるはずの日本では
まだ飛行に成功していません。

このチャレンジの中心となっているのは、町田市にある
サレジオ工業高等専門学校の学生たち。

http://www.salesio-sp.ac.jp/main/guidance/project/solarplane/


サレジオ高専では、10年前から「オリンポス」という
航空機製造会社の指導の下、超軽量の飛行機を学生の
手で製作してきました。





ウインチ(ゴムで引っ張る)による飛行も彼らの手で
何度となく成功させましたし、偶発的ではあるものの
リチウムイオン電池駆動での電動飛行も成功させました。
電動飛行も、日本初の快挙です。




今回、太陽電池メーカーから薄膜の最新型を提供して
もらい、飛行機の翼に貼り付ける形でソーラー化。
ハイブリッド車用のモーターにプロペラを搭載し
日本初飛行に挑戦しようとしているところです。



すでに機体そのものは東京航空局から試験機としての
「JX0148」のナンバーを与えられており、試験飛行の
場として「ふくしまスカイパーク(旧農道空港)」も
5月1日から6日の間で確保しています。
飛行許可も、東京航空局からどうにかもらえそうです。


ところが、彼らはいま深刻な資金難に直面しています。


これまで地元の不動産企業にスポンサーになって
もらったりしたものの、高価な部品や遠征費など、
まだとても賄える状況ではありません。

このままではもうすぐ資金が底をつき、せっかくの
日本初のソーラー飛行という快挙も頓挫しかねません。

どなたか、彼らの夢に手を差し伸べてくださるかたは
いらっしゃいませんでしょうか。



スポンサーになってくだされば、もちろん機体に
企業名などのロゴを入れるそうです。
 
詳しく知りたい、という方がいらっしゃいましたら
直接メッセージをいただければと思います。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2014sp.htm#20140421


感想はこちら

トップに戻る

 

これが理研の実験ノートだ。 2014年
4月 19日(土)



これが、いま話題沸騰 “理研の実験ノート” だ!!





きょうは理科学研究所の一般公開。

用事があってちょうど和光市に来ていて、
1時間ほどの待ち時間があったので寄りました。




たった2冊で世紀の大発見ができる“魔法のノート”
とあって、みんな売店で狂ったように買い求め、
午前中には完売してしまったとか。




なかをのぞくと、実験結果の記入方法など
懇切丁寧に記されています。


正しい引用のしかたも…。





おいおい。






たった1日ではまわりきれないほど巨大な理研。


今回、職員のサービスの良さが異常なほどでした。

なにしろ無料の送迎バスに、職員が一列になって
手を振って見送ってくれましたから。

…おまえは JAL かって、思わず 突っ込んでしまい
 ました。


たしかに理研にとっては存亡の危機でしょうから、
世論を味方につけようと必死になるのはわかるの
ですが…。



この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2014sp.htm#20140419


感想はこちら

トップに戻る

 

食べB広島暴れ食い。 2014年
4月 1日(火)

先月初め、
日経電子版「食べB」 の野瀬泰申さんと一緒に
広島を旅してきました。



野瀬さんはいまなお続くご当地B級グルメブームと
B-1グランプリの仕掛け人です。

その野瀬さんと私が知り合ったのは、2003年7月のこと。

当時、広島ですらほとんど知られてなかった食の方言
「ホルモン天ぷら」について、「食べB」の前身である
「食べ物新日本奇行」に投書したことがきっかけでした。

それが縁で、実際に野瀬さんを店にご案内したのが
今に続く11年間の付き合いの始まりだったのです。



今回、野瀬さんはいまだ知られざる広島の
“食の方言”を求め、再び2泊3日の旅に出ました。

そして私もまた野瀬さんを広島にご案内することに。



11年前、野瀬さんが狂喜乱舞した「刃渡り12センチ」に
負けないよう、「アブラパン」「でべら酒」「おはぎ屋の
タコの天ぷら」「たこもみじ」など、“秘密兵器”は
用意しましたが、さて…。




この珍道中の様子は、先週末から
「広島県実食編」として公開されています。



今回はいろんな面白いものがあって、
野瀬さんも狂喜乱舞。




そのぶん異常に長くなってますが、よかったら
ぜひふたつとも最後まで読んでみてください。


日経電子版
食べB 広島県実食編
「タコ足が「朝日養素」に敬礼す」
http://goo.gl/W1kwl5


今週のおかわり
「広島ラーメン、激辛つけ麺、暴れ食い」
http://goo.gl/FtQuQN


この文章へのリンク
http://www.totteoki.jp/negoto/negoto2014sp.htm#20140401


感想はこちら

トップに戻る