渋谷とっておき!!ホーム 杉並区
高円寺南2-37-20
03-3313-7905

10:00〜
19:00
不定休

大きな地図で表示





なんとたった100円で食べられる蕎麦を発見しました。
いまの時代の東京に。

しかもそれがかなりマトモだからびっくりです。

場所は高円寺南の環七沿い。
ビルの1階に「100円ショップ専門店」という看板を
掲げた店は、100円均一の雑貨がちょぼちょぼと
並べられている、いわゆるヒャッキンの店なのですが
その一角に立ち食いのカウンターが。

のれんに「100円ぶっかけそば」とあり、メニューにも
やはり「ぶっかけそば100円」と書いてあります。

この店をたまたま発見した時はちょうど昼時だったの
ですが、しかしさすがにこの100円の蕎麦を自分が
食べるかどうかはかなり躊躇しました。

しかしどうせがっかりしてもたかが知れてるし、話の
タネになるわけですから、えいっと思い切って注文
したのが200円の「かき揚げそば」。

さすがに100円メニューを注文するのは申し訳ない
気がして注文できず、かき揚げのトッピングをつけて
しまいました。


食べてみて、心底驚きました。

街中にある普通の立ち食いそばと同じレベルなの
です、麺が。
もちろん、原料は小麦の方が多く、厳密な意味での
蕎麦と呼べる代物ではありませんが、それでもこれで
100円でいいのかと叫びたくなるような麺。

そばつゆも「化学調味料無添加」「天然原料のみ」を
謳うだけあって、やさしい味。ただ、味は薄めでそば
つゆの量もひたひた程度と少な目。原料の節約の
ためでしょうが、立ち食いですからこれでじゅうぶん。

かき揚げが玉ねぎだけで100円と、“本体”と同じ
価格というのはちょっと高い気もしますが、これは
しかたないことでしょう。

麺といいつゆといい、100円という価格からの想像を
はるかに超えるしっかりしたものでとにかく驚いて
しまいました。

さらにこの店には「博多屋台ラーメン」もあり、250円。

これも全体に少なめではあるものの、麺は博多の
ストレート麺のスタイルで、スープもとんこつ。
九州でハウス食品が販売している「うまかっちゃん」
というインスタントよりもしっかりした味であり、
渋谷にある、脱脂粉乳にラードを加えて作ったんじゃ
ないかというような“とんこつスープ”とはまったく
別の次元のもの。

さすがにチャーシューではなく薄〜いハムが載って
いたりしますが、コーンもたくさん入れられており、
どう見ても価格以上のものとなっています。


もちろん、わざわざ電車賃を使ってまで来て食べる
ほどのものではありませんが、しかし現代の東京で
たったの100円で一杯の蕎麦を食べられることの
すごさはぜひ感じ取ってもらいたいもの。

もし高円寺周辺を訪れることがあったら、ぜひちょっと
足を伸ばしてみてほしい店です。




これで200円の「かき揚げそば」
見た目も味も昔ながらの博多ラーメン



環七沿いにある“ヒャッキン”の店の一角に
「100円ぶっかけそば」のカウンターが


いわゆる「かけそば」100円のほか
うどんもあり、きつね・コロッケ・大根などの
トッピングも選べる


最も驚いたのが麺の質
普通の立ち食いの店と同じレベル


かき揚げは玉ねぎだけのもの
100円という追加料金が高く感じてしまう


こちらは250円の「博多屋台ラーメン」
麺もスープもまた本格的で驚く


さすがにチャーシューとはいかず
薄いハムが乗っているが悪くない





ぶっかけそば 100円 大根そば 150円 かき揚げそば 200円
きつねそば 200円 コロッケそば 200円 (すべてうどんもあり)

博多屋台ラーメン 250円 ライス 100円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/100yen.htm


2011・11