渋谷とっておき!!ホーム 新宿区西新宿1-4-19
03-3342-4880

日休

大きな地図で表示




名物の「蒸し玉ネギ」は、素材そのもののほんのりと
した甘味と鼻にツンとくる辛味の上に、醤油ベースの
ちょっと辛いタレが絶妙のバランス。

ただ玉ネギを蒸しただけではありますが、その良さを
生かす工夫が凝縮されているかのようなおいしさに
詰まった一品です。


この店があるのは新宿西口。

有名な「思い出横丁」、いわゆるしょんべん横丁から
小滝橋通りを挟んで西の一角の片隅にひっそりと
たたずむ小さな細長い間口の店が、毎晩おじさん
たちを暖かく迎えてくれます。

べニア板で四方を囲まれ、シミの入った天井から
ぶら下がった照明に照らされた狭い店内は、まさに
おじさんたち、勤め人のオアシス。

ゴールデン街に続いて外国人観光客の見学コースと
化しつつある思い出横丁よりも、ある意味現実的な
生き生きとした店と言えるかもしれません。


もうひとつの名物料理「あばらやスタミナ」はマグロ、
オクラ、山芋、納豆、生卵の黄身と、まさにねばねば
のフルコーラス。なかでもオクラが非常に細かく刻ま
れているのが特徴的で、 このオクラは別の名物料理
「あばらや巻き」で寿司飯の代わりに使われ海苔に
巻かれるとのこと。たしかにスタミナがつきそうです。

そのほか定番メニューの「肉豆腐」は、豚肉を使った
あっさり味。北千住の「大はし」や月島の「岸田屋」
ようなこってりとした王道の肉豆腐ではありませんが、
この店のものもまた食べやすくいい一品となって
います。


風情や情緒を楽しむなら確かに思い出横丁でしょうが、
しかし先に書いたように思い出横丁はすでに外国人
観光客の見学・体験コースとなりつつあり、ある意味
店にいる我々が見せ物になっているように感じる
瞬間があるのも事実。

誰にも気兼ねすることなく、気の置けない仲間たちと
わいわいと楽しく飲めるのは、隠れ家風のこちらの
店かもしれません。

一度ぜひ。


この店の名物「蒸し玉ネギ」
ほんのりとした甘みとつんと来る辛味が絶妙


思い出横丁から小滝橋通りを挟んだ
ビルの谷間にひっそりと


いつもにぎわう店内
ベニア板の壁がなんともいい情緒



「あばらやスタミナ」はねばねば小鉢
マグロ、山芋、おくら、納豆、生卵


肉豆腐は豚肉のあっさり味



蒸し玉ネギ 400円 あばらやスタミナ 540円 特製つくね焼 400円
ネギ味噌炒め 380円 ほっけ焼 480円 手羽先焼 330円





このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/abaraya.htm


2010・12