渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区神山町7-8
03-5465-7577

12:00〜16:00
17:30〜26:00
(土〜24:00)
日祝休

大きな地図で表示





たかがビーフカツと思ったのですが、そのおいしさに
びっくりしてしまいました。

ビーフカツと聞いてイメージするのはぺらぺらの肉に
カチカチの衣。肉はまるで干し肉のように固くなり、
トンカツに比べ満足感の低いという位置づけです。

ところがこのビーフカツはなんとも柔らかい。
衣もさっくりとしてガチガチせず、ふわっほろっという
食感には驚かされます。

量はさほどありませんが、シジミの味噌汁と相まって
満足感においては上質のトンカツに遜色ないほどの
ものです。


この店があるのは、渋谷のはずれの神山町。
PL教団の運営する健康管理センターの前にあります
が、間口が狭いためうっかりすると通り過ぎてしまい
そう。初めて行くときは「アダン食堂」のバナー(幟)を
見落とさないように、上を注意して歩きましょう。

店名のアダンというのは、沖縄に自生する植物の名。
実が一瞬、パイナップルのように見えるのですが、
ひとつひとつがものすごく硬い種の集まりなのです。

このアダンによく似た植物にタコノキというのがあり、
これは小笠原諸島で独自の進化を遂げた固有種。
幹から直接斜め下に向け四方八方に根が広がる
様子からタコノキの名前が付けられています。

沖縄のアダンには、小笠原からこのタコノキを移植
したものがかなりあるとのこと。沖縄から小笠原への
移植ならありそうですが、その逆とは意外です。


アダンの名の通り、かつては沖縄料理を中心にして
「あげぶた」が絶妙においしかったと、仕事仲間の
女性は強調していましたが、一度閉店したあとで
どうやら方向性を変えたようでいまは洋食和食ありで
とくに和食中心になった感じです。

ランチもビーフカツのほか日替わりの弁当にカレー、
麻婆豆腐などがラインナップされています。

日替わりも食べてみましたが、えぼ鯛の焼き具合が
よくておいしく、ゴーヤのおひたしにわずかに沖縄の
名残はあるものの全体としてよくまとめられた幕の内
といった感じ。これはこれでなかなかのものです。


店内は、古い木造住宅の間口の狭さを補うために
天井や壁ができる限り取り払われ、天窓からの採光や
シーリングファンなどで大きな空間を感じさせてくれて
います。


沖縄へのこだわりは減ったようですが、むしろ丁寧で
上質な食が提供できていると感じたこの店。

2人か3人くらいの少人数で夜を共にする機会が
あったら、ぜひ行ってみようと思わせる店です。


見た目はよくあるビーフカツだが
そのおいしさにびっくり



薄いけど柔らかく風味豊か
こんなビーフカツは初めて


間口が狭い店はうっかりしてると
通り過ぎてしまいそう


沖縄のアダン
実がパイナップルのように見えるが
ひとつひとつがものすごく硬い種


麺も細めのストレート
ゆで方は標準でかため


天窓からの採光やシーリングファンが
大きな空間を感じさせてくれる。





【ランチ】 重箱弁当 1,000円 マーボー豆腐 850円 ビフカツ定食 1,000円 ビーフカレー 900円

明石だこゆでたて 900円 自家製ごま豆腐 600円 しじみ醤油漬け 800円
ゴーヤおかか酢醤油 500円 ごまだれ水餃子 800円 沖縄焼きそば (並)800円 (大)1,000円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/adan.htm


2012・3