渋谷とっておき!!ホーム 新宿区高田馬場4-9-18
03-5937-4547


11:00~
20:00
日月休

大きな地図で表示





インドシナの香りそのままに、フランスパンを使った
おいしいサンドウィッチが楽しめる店です。


バインミー(bánh mì)とはパンを意味するベトナム語。

植民地として70年以上もフランスの支配下にあった
ベトナムですが、フランス人の支配層とベトナム人は
ずっと隔絶されていたために、ベトナムの食文化に
フランスの影響は実際にはほとんど残っていません。

唯一、根付いたものといえばフランスパンだけ。

いまでも道ばたのあちこちでは、小さなフランスパンに
いろんなものをはさんでサンドウィッチを作ってくれる
露店を見かけることができます。


高田馬場の裏路地にできたばかりのこの店は、この
ベトナムのサンドウィッチをそのままに売っている店。

「ベトナムハムとレバーペースト」「牛焼肉」「豚焼肉」
「鶏焼肉」「アボガドとエビ」の4種類の具が用意されて
いるサンドウィッチは、パンの大きさによって値段が
決まりレギュラーのサイズが500円でミニが300円。

さらにレギュラーのサイズには焼肉の増量やレバー
ペーストの追加、さらにパクチー(香菜)やチリソース
など様々なトッピングが可能になっています。


この店がすごいのは、ベースとなるパン(ミニバゲット)
店内で焼き上げる自家製であること。
これが単体としてとてもおいしく、カリカリ、サクサク。
さらに注文を受けてから軽く焼き直してくれるために
具をはさんでからもほかほかで、カリカリ、サクサクも
維持されたままです。

さらに焼肉などもその場で焼いてからはさんでくれる
ためあつあつ。店で“なます”と呼んでいる大根と
ニンジンのあえものが副菜なのですが、これはまた
しゃきしゃきとして、三者三様の歯ごたえと味が存分に
楽しめるようになっています。


具は、レバーペーストは臭みがなく、甘めの味つけ。
手作りっぽいベトナムハムとの相性もよく、いちばん
現地らしい雰囲気を保っています。

また、鶏焼肉はあっさりした照り焼き風。あっさりして
いるぶん、副菜の“なます”の存在感を感じます。

“なます”の名前がついていますが、お節に入って
いるような酢の味と香りがツンとくるものではなく、
5mm角のスティックサラダといった感じでしゃきしゃき、
ポリポリといった食感。個人的にはもう少ししんなり
してほしい気もしますが、野菜を食べている感覚が
あって悪くはありません。

牛焼肉は甘辛いタレで焼いたもので、韓国のすき焼き
「プルコギ」を連想させる味といったらいいでしょうか。
あれほどしつこく油っぽくはありませんが、ボリュームも
たっぷりで男性も満足できるでしょう。。

エビとアボガドはまあ日本では普通の取り合わせ。
とくにこのベトナム風のサンドウィッチにして食べる
意味はあまり感じませんでした。

なおミニバゲットとはいえレギュラーでもかなり大きく、
女性ひとりには多すぎるくらい。300円のミニで十分
ですから、そのコストパフォーマンスは味と内容から
すれば驚異的とも言えます。400円でもかなり安いと
言えるでしょう。

この価格設定は、開店当初500円一種類だったのが
客からの“大きすぎる”との声でミニを設定したために
レギュラーとの大きさの兼ね合いから300円になって
しまったのでしょう。しかし今後“持続可能な経営”を
してもらうためには、一度価格を改定したほうがいい
かもしれません。

また、かぶりついて食べるのもなかなか大変ですので
できたてをあらかじめ切って包装するのを選べたら
いいかもしれません。そうすればレギュラーサイズを
2本買って3人で分けるといったことができ、客としても
いろんな味を楽しめます。


余談ですが、レギュラーのみで可能なトッピングを
牛焼肉で試してみました。パクチー(香菜)50円は
それこそあふれんばかりの量の大サービス。まるで
ベトナムでカメムシになったかのような気分が味わえ
ます。また、チリソース(30円)はタイ風の甘辛いものと
青唐辛子が入った辛いものが選べますが、青唐辛子
入りはけっこう半端でなく辛いので、よほど辛いのが
好きな人以外はやめておいたほうがいいと思います。


現在は持ち帰りが主体で、店では外の椅子で食べる
ことしかできませんが、買ったらもういてもたっても
いられず、その場でかぶりつきたくなるような、そんな
嬉しさを与えてくれるサンドウィッチ。

ベトナムの露店のように、おばちゃんと話をしながら
好みの具を入れて作ってもらったりという完全オーダー
メードはできませんが、そのかわり清潔で洗練されて
いて、とりわけパンそのものの品質が違います。

高田馬場に寄る機会があったら、ぜひ一度買って
インドシナの街角の雰囲気を感じてみてください。

お土産やホームパーティーに持参、というのもすごく
いい選択肢だと思います。強くお勧めします。



「ベトナムハムとレバーペースト」の断面
大根とニンジンの“なます”が鮮やか



上から「エビとアボガド」「鶏焼肉」
「ベトナムハムとレバーペースト」
いずれもミニだがけっこうな大きさ


高田馬場駅から西へ少し歩き
マックの手前を左折した細い路地にある


「ベトナムハムとレバーペースト」


「鶏焼肉」の断面
鶏肉はあっさりした味付け


「牛焼肉」は甘辛いタレで
プルコギを連想させる味


「エビとアボガド」は上品な味だが
普通の取り合わせでそそられない



ベトナム中部・ホイアンの街角の
サンドウィッチの露店(左側)
右はあんみつのようなスイーツの露店


ベトナムの露店での作っている様子
チャーシューや野菜など
好きな具を入れてくれる


ベトナムでの特注品
基本的に具はそんなに多くなかった




【サンドウィッチ】 ベトナムハムとレバーペースト 
牛焼肉 豚焼肉 鶏焼肉 エビとアボガド
レギュラー 500円 ミニ 300円
【トッピング】 焼肉 150円 パクチー 50円 チリソース 30円 ほか


ほか各種自家製パンあり



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/banhmi.htm


2010・7