渋谷区道玄坂2-25-17
03--3462-2727

11:00~23:30
無休
地図はここ

渋谷のディープゾーンの入口とも言える道玄坂小路。
その中央部、「麗郷」の隣にできた朝鮮料理の店です。

「チェゴヤ」という店名は「最高だ!!」という意味の
朝鮮語とのこと。もともと五反田がルーツのこの店が
多店舗展開をするなかで渋谷に進出してきたのです。

かつてこの場所には「馬来(まき)」という名の店が
ありました。岩牡蠣なんかも置いてある、良心的な
居酒屋だったのですが、いつのまにか消えてしまい
残念に思ったものです。(荻窪に移転したとのこと)

場所としては奥まった入口から階段を上がるため、
ちょっと入りにくい感じがありますが、その不利は
目立つ看板類と巨大タペストリー状のメニューで
補う作戦。最近、ランチタイムはけっこう賑わっている
ようです。

最初に食べたのはランチの「石焼きタッカルビ丼」。
タッカルビとは、4,5年前から韓国で流行り始めた
メニューで、鶏肉をケチャップベースの甘辛いタレで
煮込む鍋料理。韓国のおじさんたちに言わせると
「あんな甘いもの食えるか」という感じだそうですが、
韓国でも若者たちは刺激的な辛さや度数の高い
アルコールを好まなくなってきているため、人気を
博しているとのこと。

そのタッカルビをごはんの上に乗せて石焼きにする、
というのは私も初めてでした。

で、味は?
結論から言います。

チキンライスでした。

鶏肉、ケチャップ、ごはんを、ジリジリ言う石鍋で
ぐちゃぐちゃにかき混ぜていくのです。
そりゃあピリ辛チキンライスができ上がるはずです。
一種の「目からウロコの料理」でしたが、
郷愁を感じながら一気に食べてしまいました。


そして二回目に食べたのは「コンナムルスープ」。
コンナムルとは大豆のモヤシのことだそうで、これに
大根と牛肉が入っていてテールスープのような感じ。
さっぱりしていながらなかなか味わい深いものです。
メニューに「夏バテで疲れた胃腸に」(いつの話じゃ)
書いてあったりしますが、たしかに二日酔いで荒れた
胃にもやさしい感じの滋味深いスープです。

(…ただ、二日酔いの日にわざわざ朝鮮料理の店を選ぶかどうか、
 という大きな問題がありますが。)


すぐ近くに渋谷の朝鮮料理の雄・「吾照里」がある
場所に、挑戦状を叩きつけるようにして進出してきた
この「チェゴヤ」。

夜のメニューがご飯ものなど手頃な値段でたくさん
揃っていますし、独自路線でぜひ頑張っていって
ほしいものです。




ごちゃごちゃの道玄坂小路でも
目立つ看板類



石焼きタッカルビ丼
小鉢と味噌汁が付く


これを混ぜるとチキンライスに…


コンナムルスープ


店内は民族色も薄くシンプルな感じ


【ランチ】チャン麺 800円 コンナムルスープ 700円 プルコギサラダ丼 800円 石焼きタッカルビ丼 800円

トッポギ 900円 ビビン麺 900円 海鮮チヂミ 1,200円 冷麺 900円
サンゲタン 2,500円 アンコウチゲ 900円 ブテチゲ 1,500円 豚キムチ丼 700円
マッコリ 500円(グラス) 2,000円(1ℓ) 人参酒 600円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/chegoya.htm


2006・3