渋谷とっておき!!ホーム 国分寺市本町2-9-3
橘ビルB1
042-328-5161

11:30〜15:30
17:00〜22:00
無休

大きな地図で表示





この秋、国分寺に縁があって何回か通ううち、気に
なっていた店にようやく入ることができました。

「麻辣」の字そのままに、この店の売りは激辛。
麻婆豆腐は、渋谷セルリアンタワー東急ホテルにある陳健一の店「スーツァンレストラン陳」を彷彿とさせる
もの。

土鍋でぐつぐつと煮え立って出てくる、まるで血の池
地獄のような麻婆豆腐は、見た目そのままの激辛
仕様。唐辛子もさることながら花椒が効いていて
唇が痺れること間違いなしです。


ただ、すべて本場仕様かというとそうでもないようで、
とくに「汁無四川坦々麺」には独自のアレンジが。

肉味噌のこってりとした辛さとコクが通常なのに対し
この店の肉味噌は、むしろそぼろのような感じ。
肉団子のようなかたまり感があって、これ自体は
さほど辛くなく、「具」のような役割を果たしています。
さらに枝豆も彩りを与えるとともにほんのりとした甘さ
もまたいいアクセントとなっています。

辛さも脂ぎった本場の辛さとは違った、辣油を中心と
したさわやかなもの。
汁なし担々麺に本場の味を求めるのは難しいですが、
これはこれでいいひと皿になっています。


また、「雲呑湯麺」は辛くない唯一のメニュー。
しっかり詰まった具はもちもちした肉の感触で、皮は
薄めのつるんっとした食感。
よくある、炒められた野菜がてんこ盛りの白湯では
ありませんが、ここにも枝豆のアクセントが添えられ
オリジナリティのある湯麺となっています。

場所は国分寺駅の北口を出て歩いて5分ほど。
再開発に向けていわゆる“歯抜け”となっている街を
抜けて東に続く、ちょっと雑然とした通りにあります。
大きな赤い看板が目印ですが、地下への階段を
降りて行くには少々勇気がいるかもしれません。


わざわざ行くにはちょっと面倒な場所ではありますが、
近辺に行く機会があったらぜひ思い出して立ち寄って
みてください。

本場の流れを引き継ぐ四川風の麻婆豆腐にしろ
オリジナリティあふれる汁なし担々麺にしろ、いずれ
も期待を裏切ることはないでしょうから。ぜひ。



「麻辣麻婆豆腐飯」500円に
「叉焼のせ」のオプション(+300円)つき
土鍋で煮えたぎる様子が迫力あり



麻婆豆腐の下に隠されたごはん
それぞれ別の「麻辣麻婆豆腐定食」もあり
個人的にはそちらのほうがよかったかも


「汁無四川坦々麺」は本場風とは違い
さわやかであっさりしたもの


唯一の辛くないメニュー「雲呑湯麺」は
「湯麺」のイメージとはちょっとずれるが
具がしっかり詰まったワンタンがいい


雑然とした通りでも目立つ真っ赤な看板が
私たちを地下へいざなう





汁無四川坦々麺 650円 汁無麻辣麻婆麺 650円 チャオ坦々麺 750円 
麻辣麻婆豆腐飯 500円 麻辣麻婆豆腐定食 650円 汁有麻辣麻婆麺 700円
酸辣湯麺 750円 雲呑湯麺 650円

それぞれ 温泉卵 +80円 叉焼+300円などオプションあり




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/ciao.htm


2011・11