渋谷区宇田川町33-13
03-3476-3636

11:30〜14:00
17:30〜22:15 月休
地図はここ


味が薄いんじゃないか、と思いました。
最初のひと口は。

日替わりランチメニュー、きまぐれパスタはこの日、
「カキ、ローストポーク細切り、キノコとキャベツの
塩味」。

薄いと思った味は、小さな牡蠣を口に含んで印象が
大きく変わります。牡蠣に含まれた塩味がじゅわっと
口のなかに広がり、全体がちょうどいいバランスに。

くどくなくあっさりと仕上げられたバターの味、うまみを
しっかりと出し、ぷりっとした食感で楽しませてくれる
キノコ、そしてほんのりとした甘味を加えてくれる
キャベツ。その絶妙な塩梅は終わりまで崩れず、
最後の一本、最後のひとかけらにいたるまでしっかりと
味わっておきたい気分にさせてくれました。
定番でないのが残念です。

この店があるのはセンター街のさらに奥のあたり。
かつて「やしま」があったビルの向かいに、およそ
場違いな感じでたたずんでいます。

重い木のドアを開けるとまず10人ほどのカウンターが
厨房と向かい合わせにあり、その奥の広いスペース
には10テーブルちょっとの空間が広がっています。
洞窟というか地下壕のようなイメージで、渋谷の
ざわめきとは隔絶された空間となっています。

大人数でにぎやかに、というよりは家族、ふたりなど
少人数で楽しむ食事が似合う空間です。


別の日にこれまたランチのペスカトーレを食べてみた
のですが、これも素材の味を生かしたあっさりとした
味わいでおいしく、好感が持てました。

ランチには少量のサラダと薄いパン、それにコーヒーが
付きます。サラダのドレッシングもさわやかな酸味が
柔らかく効いています。もうちょっとなにかが付くと
うれしいかもしれませんが、この渋谷の中心部という
場所でこの料理ならしょうがないのかもしれません。

まだまだ料理は奥が深そうで、ランチに2回行って
パスタを食べただけで評価するのは心苦しい気も
しますが、夜についてはまたあらためて行ってから
追記したいと思います。

繰り返しになりますが、大切なひとや気の置けない
仲間、そして家族との楽しいひとときにこの店は
いい選択肢だといえるでしょう。


日替わりの「カキ、ローストポークの細切り、
キノコとキャベツの塩味」は優しい味


センター街の一番奥にひっそりと


カウンター席から見た店内
洞窟というか地下壕のような雰囲気


ペスカトーレもまた
素材を生かしたあっさり味


ランチのサラダとパン
これにコーヒーがつく




【ランチ】 気まぐれ(日替わり) 1,000円 アマトリチアナ風 1,000円
ボロネーゼ 1,000円 ペスカト-レ 1,300円 ボンゴレ 1,300円
   魚のコース 2,300円 肉のコース 2,500円 スペシャルランチ 4,500円




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/cucina.htm


2008・10