渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区千駄ヶ谷4-5-11
ビクトリアプラザ1F
03-5770-7155


12:00〜14:00
18:00〜25:00
火・第3月

大きな地図で表示





副都心線が開通するまでは、実に不便な場所でした。

北参道交差点の角。明治通りと首都高4号線が交差
するあたり、といったほうがわかりやすいでしょうか。
代々木からも千駄ヶ谷からも原宿・明治神宮前からも
遠く、周囲に代替がきく店もないため、行くには多少の
決意がいりました。

08年に副都心線が開通。北参道駅がすぐ近くにでき、
いつでも行けるようになったのですが、不思議なもので
2年間も行く機会がありませんでした。実にもったいない
ことをしたものです。

この店が以前「予約の取りにくい店」として有名だった
のは、不便さゆえのスペシャリティ、渇望感のような
ものがあったからかもしれません。


もともと文具などの雑貨の製造販売・輸入を手がける
会社が開いたというこの店。夜遅くてもおいしいものを
気軽にしっかり食べてもらいたい、というコンセプトで、
フランスの家庭料理や自家製のハムやテリーヌなどを
ビストロの名そのままに手頃な料金でたっぷりと提供
してくれます。

まず自家製のロースハムを食べてみましたが、薄い
きれいな桜色に仕上げられたハムはしっとりとして
臭みがありません。添えられたピクルスもおいしく、
マスタードも上品な味。

次の「ハマグリと焼野菜のサラダ仕立て」は、小ぶり
ながらぷりぷりの蛤に、野菜たちのしっかり残された
歯ごたえの組み合わせが面白く、オイルをたっぷり
使っていながらなおさわやかな風味のドレッシングで
ひとつにまとめあげられています。日替わりですが、
これはまたぜひとも食べたい一品です。

魚料理は名前を忘れてしまいましたがマトウダイを
ソテーしたもの。外はかりっとしていて中はふんわり
という白身の魚には最高の火の通しかたでした。

肉料理はこれも日替わりの「仔羊鞍下肉のポワレ
黒オリーブのニョッキ添え」。羊肉はもともと好きで
ぜひにと注文したものでしたが、予想を上回る臭みの
なさに驚きました。ある面、羊肉はあの独特の香りが
醍醐味ではありますが、鞍下のしかもヒレ肉をわざわざ
脂で巻いて焼き上げたものにはうま味だけが残って
いて上品に仕上げられています。

これを頼む前、ボトルワインがなくなってしまったので
追加のグラスワインをどれにするかスタッフに相談した
ところ 「教科書的には羊肉と合いますが…」と勧めて
くれたワインは残念ながらこの肉には渋味が強すぎ。
それほど羊肉らしからぬ上品さの一品でした。

今回はワインを大量に飲んだおかげで1人9,000円に
なってしまいましたが、普通であれば料理はひとり
5,000円ちょっと。毎週のようにとはいきませんが、
通勤途上にあれば誰かを誘って途中下車してでも
寄りたくなるような店。

いろんなレパートリーを全部食べてみたいと思わせる
魅力のある料理の数々でした。

店内の会話からすると、明治通りをはさんで反対側に
ある製薬会社・グラクソ・スミスクライン(GSK)の社員が
多く利用しているようす。GSKはいま、接種費用の
公費助成が進もうとしている子宮頸がんワクチンの
製造元ですから、これからGSKの業績につられるように
この店もまた「予約がとれない店」になってしまうかも。

行くならお早めに、といったところでしょうか。
お勧めします。


「ハマグリと焼野菜のサラダ仕立て」
蛤のぷりぷりした感触と歯ごたえのある
野菜のマッチングがおもしろかった


横に明治通りで上に首都高4号線
周囲はうるさいが店内は静かでくつろげる
願わくばもう少し広ければ


「自家製ロースハム」
しっとりとしておいしい


「本日のお魚料理」
マトウダイをソテーしたものは
絶妙の焼き具合


「仔羊鞍下肉のポワレ
黒オリーブのニョッキ添え」
羊肉らしからぬ上品さに驚く


ブルーベリーのクリームブリュレ


広く見せようと鏡を多用した店内
道路沿いというのに静か




自家製ロースハム 1,050円 ハマグリと焼野菜のサラダ仕立て 1,890円
仔羊鞍下肉のポワレ 黒オリーブのニョッキ添え 2,940円

ビール(ハートランド 小瓶) 630円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/dartemis.htm


2010・7