渋谷とっておき!!ホーム 小笠原村父島字東町
080-2254-2600

7:00〜
19:00
不定休

大きな地図で表示





3月は4個だった唐揚げが、5月になったら5個に
増えていました。

値段は変わらず500円。刻み高菜としば漬けつきの
お弁当での値段です。

5個にしたことで容器が閉まらなくなり、見た目にも
お得感が急上昇。早い日には12時前に売り切れで
店じまいなんてことも。いま父島では「五六助」
人気を二分する弁当の店となっています。


唐揚げは、臭みのない良質の鶏肉にしっかりと醤油
ベースのたれをしみこませてあり、味付けは少々
濃いめ。塩分がちょっと多めということもあり、とくに
工事関係者に人気ではありますが、味そのものが
いいので、私たち観光客にとしても利用しない手は
ありません。

たとえばお昼の時間にこの唐揚げ弁当を持って
海岸に行けば、単なる昼食がたちまちピクニック。

南部にあるコペペ海岸や小港海岸は、ゴールデン
ウィークなども人影まばらですから、ゆったりとした
時間の流れを楽しむことができます。

むしろ、父島に住む人々がなぜこんな贅沢な時間を
過ごさないのだろうかと不思議になるほどです。


父島のメインストリートにある、星条旗が目印の民宿
「バナナ・イン」の軒先にある小さな小さな店。

注文を受けてから揚げるため、店先でけっこう待つ
ことになりますが、その代わり出てくる唐揚げは熱々。
目の前の海から吹いてくる風を感じていれば
待ち時間なんてあっという間です。

最近は唐揚げ弁当の成功を受け、生姜焼き弁当や
鮭弁当などのメニューを開発、飽きられないための
努力も怠っていません。

南国ならではの産物を追い求めるのもいいですが、
たまにはこうした島の人々の日常の食に触れるのも
おすすめです。ぜひ一度どうぞ。


コペペ海岸に持って行ってのランチ
500円の弁当でこんな贅沢な時間が



3月に撮影した「唐揚げ弁当」は
500円で唐揚げが4つだった
(その代りスパゲティが敷いてあった)


5月の「唐揚げ弁当」は同じ500円で
唐揚げが5つになり蓋が閉まらなくなった


星条旗が翻る民宿「バナナイン」の
軒先の小さなスペース


島内あちこちで見られる
パッションフルーツの花



唐揚げ弁当 500円 鮭弁当 500円 コロッケ弁当 500円




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/gecko.htm


2011・5