渋谷とっておき!!ホーム 仙台市青葉区
中央1-1-1
JR仙台駅3F

022-214-6180

10:00〜22:00
無休

大きな地図で表示





かわはぎという魚が、これほどうまいとは知りません
でした。

上の写真は、かわはぎの握り。
切り身の上には肝。ポン酢がかけられていて、その
まま口に運ぶと至福の味わいが広がります。

肝はアンコウの肝ほどくどくなく、しかし芳醇な味わい。
身はほのかな甘みと意外にも濃厚なうま味があり、
噛めば噛むほどうま味がほとばしり出てきます。


この店は仙台駅3階にある「すし通り」の中央あたり、
いつも行列があることで知られる立ち食い寿司の店。

10人ほどでいっぱいになる直線のカウンターには
3〜4人の職人がいて、握ったものをすぐそのまま
食べさせるというまさに寿司の原点のような店です。

経営するのは「北辰水産」という鮮魚店。百貨店など
の食料品売り場で鮮魚店を多数展開する大手です。
私自身、いい魚を買うときには必ず新宿の小田急
ハルクの地下に行くのですがそこもまた「北辰」。
道理で全国津々浦々のいいネタを扱ってるはずです。

ネタはそれこそ定番から見たことのないような魚まで
実に多種多様。1貫ごとの値段がしっかり明記されて
いるので、安心して頼むことができます。

まず、ぶどうえびがあるのに驚き、さらに1貫600円と
知りすかざず注文。

標準和名をヒゴロモエビというぶどうえびは、ぼたん
えびを超えるおいしさとされるものの漁獲量が少なく
非常に貴重なもの。私自身食べるのは初めてですが
甘みとうま味が強く、ぷりっとした食感もあって生で
食べる海老としては確かに最高の部類です。
純粋に1貫600円の価値があるかどうかは別にしても、
この値段で食べられるのはこの店くらいでしょう。

また、北海道を中心に水揚げされる八角があるのも
目ざとく発見。断面が八角形であることからその名が
ついた八角は、北海道でも焼魚にして食べることが
多いと聞いていて寿司ネタとしての存在は知りません
でした。

出てきたものは鯛のような少し赤みがかった上品な
色で、グロテスクな八角の外観からは想像できない
美しさ。食べてみると少しねっとりとした舌触りですが、
これもまた甘みとうま味があり、かなりいいネタです。

そのほか、ハタハタは軽くあぶったものに塩をふった
握りや、時鮭を同様に炙って塩をふった握りなど、
ありとあらゆるネタがこんな小さな店に揃っている
ことは本当に驚きです。

また、鯵などをたたいて味噌であえたなめろうもあり、
軍艦巻きのほか単品として皿に盛って提供することも
可能。ひと皿たった100円で、酒の肴としてしっかり
楽しむこともできます。


立ち食いですから、新幹線の待ち時間にさくっと
寿司をつまむもよし、じっくりいろんなネタを楽しみ
ながら脚力の続く限り語らい飲むもよし。

ただ、ある程度並んで待つことは覚悟しなければ
ならないようですが、それでも仙台に行ったなら必ず
寄るべき店だと言えるでしょう。



かわはぎの握り
肝の芳醇な味わいと
身のほのかな甘みが調和している


かわはぎの肝


店の前にはいつも行列が


奥がぶどうえびの握り
甘みとうま味が濃厚でぷりっとしている
手前はさんまの握り


八角の握り
少しねっとりした食感にうま味がある


ハタハタの握り
軽くあぶって塩を振ってある


なめろうが100円
これだけで酒が飲めてありがたい




ぶどうえび 600円 かわはぎ 300円 生さんま 150円 あかいか 200円 
八角 200円 ぼたん海老 300円 生うに 300円 中とろ 300円
ぶり子 100円 なめろう 100円 くじら 200円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/hokushin.htm


2012・10