渋谷とっておき!!ホーム 和歌山県新宮市
新宮7651-1
サンパティオ1F

閉店しています。
地図はここ

閉店しています。



なぜこれほどの店がこんなところに…。

地元の人には悪いですが、思わずそうつぶやいて
しまうほどの素晴らしい店です。

場所は和歌山県新宮市。

世界遺産の「紀伊山地の霊場の参詣道」、いわゆる
熊野古道の霊場のひとつ、熊野速玉大社(はやたまたいしゃ)
のある小さな街に、珠玉の和食の店がありました。

この店を知るきっかけは、速玉大社の宮司さんから
教えてもらったこと。その夜に行って気に入り、以来
立て続けに6、7回は通ったでしょうか。

実は、私は食事については非常に保守的です。

といってもこういうサイトを開設している人間なので、
にわかには信じてもらえないでしょうが、気に入った
店ができたら通い続け、その店のすべてを知りたいと
思うほうなのです。

しかも旅先で知った店ならなおさら。
次はいつ行けるかどうかわからないですし、なじみに
なることでその土地のことをいろいろ教えてもらえる
ようになり、いざというときには頼みごともできます。

それは私の一種の「技」と言っていいかもしれません。

さて。

JR新宮駅から北にちょっとさびしい商店街を歩くこと
5分ほど。飲食店などの小さな店が集まる2階建ての
モールのなかにこの店はあります。

切り盛りするのは料理人の主人とその奥さん。
カウンターは8人ほどが座れるL字のカウンターと
4人ほどのスペースの小上がり。それに2階に大きな
広間があるようです。


料理は、素材に恵まれた魚料理は素晴らしいですが
それ以上に、手間隙かけた和食の小品に素晴らしい
ものがあります。

その日に揚がったカツオを刺身にしたものは、さすがに
よそでは味わえない歯ごたえのあるものでしたが、
それよりも料理3,000円でのおまかせで頼んだなかの
一品「かぼちゃのしんじょ」には心底驚かされました。

コースのほかの品には「刺身の三点盛り」「天ぷら七品
盛り合わせ」「焼魚(ブリ)」「鯨と水菜の煮物」などが
入っているなかで「かぼちゃのしんじょ」という手の
込んだものを折り込んで行くという心意気に感激して
しまいました。


ただこのご主人、気さくで話好きのいい人なのですが、
ズケズケとモノを言うのが玉に傷かもしれません。

ある日私がカウンターにいたとき、隣の地元客に対して
「この町の人間じゃ料理をわからない」という内容の
ことを言ってしまって彼らを不快にさせていましたし、
また別の日に私が同僚を連れて行ったときには、
連れの子どもが男ばかり3人だと知ると「やっぱり
女の子がいなくちゃダメだよ」としつこくからんで
連れを思いっきり不快にさせていました。

とはいえ、そこはまあご愛嬌。

たしかにこの店の料理は、人口わずか3万あまりの
小都市に置いておくにはもったいないほどのものです。

もしいつか熊野の神様に会いに行くことがあったら、
新宮の「ユーアイホテル」にでも宿をとって、この店に
ぜひ行ってみてください。

新宮で食事をするなら、昼はうなぎの「鹿六」、夜は
この店でじゅうぶんですから。





熊野速玉大社
熊野三山のなかで実はいちばん格が上


商店街の片隅にひっそり
しかし店構えなどはしっかり


その日揚がったばかりのかつお


かぼちゃのしんじょ



ひとつひとつに手抜きがなく
入念に作られたあられ煮


鰤の塩焼き


鯛茶漬け
これは絶品だった




おまかせコース 3,000円〜




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/ichigen.htm


2007・6