新宿区西早稲田
2-18-20
03-3204-1324

11:00〜19:00
月休

大きな地図で表示
 


和菓子屋だと思っていた、この店。


ある日の昼時、店の前に立っていたサラリーマン
たちの会話を聞き、衝撃を受けました。

「店内はやっぱりきょうも満席かぁ…。」

「そうだよな、みんな、伊勢屋に行きたいもんな。」


この店は、高田馬場駅から早稲田通りを東に向かい、
明治通りを越えてすぐのところ。
草餅や柏餅と一緒に、稲荷寿司や巻き寿司も売られる
典型的な東京スタイルの和菓子店です。

店内に椅子とテーブルが並べられているのは知って
いましたが、甘味とせいぜいうどんくらいを提供するの
だろうな、くらいにしか考えていなかったのです。

ところが、「みんなが行きたい」というサラリーマンの
セリフ。都内屈指のラーメンストリート・早稲田通りに
あるのですから、まわりにはラーメン屋と安いメシ屋は
腐るほどある地域なのに、です。


意を決して入ってみました。

すると、驚いたことに店内の主力はラーメン。
タンメン、もやしそばなどのバリエーションのほかは
焼そば、チキンライス、親子丼、カレーライス。
当然あるはずだと思っていたうどんがありません。

タンメンを頼んでみました。

出てきたのはたっぷりの野菜で埋めつくされた正統派
タンメン。しっかりとしたスープの味がまず印象的で、
脂身のついた肉がいい味を出しています。
そこらへんのラーメン屋よりもはるかに上、ラーメン
ストリート・早稲田通りでも決して引けをとらない、
いや、優に上回るレベルのタンメンです。

ラーメンもまた昔懐かしいいわゆる“支那そば”風。
甘辛さがちょうどよく、チャーシューもまた少し厚めで
うれしくなってしまいます。

そして出色はチキンライス。

“よくぞここまできれいに生き残っていてくれた”と
思わず叫ばずにいられないような、そんな古風な
いでたち。

きれいに型抜きされたケチャップ色のごはんの中から
7mm四方ほどの鶏肉と刻んだ玉ねぎ、そして椎茸が
顔をのぞかせ、いい風味を出しています。
もちろんグリンピースもしっかりと埋め込まれ、脇には
福神漬。味噌汁までついています。

ぜひ懐かしさにひたりながら、味わってみてください。
もちろん、チキンライスなんかに郷愁など抱かない
世代の人々にとっても味わってほしい一品です。


とにかく、この店のおすすめはタンメン。

サラリーマンたちの言葉に、嘘はありませんでした。
知られざるタンメンの名店が、ここにありました。

早稲田通りに立ち寄った際には、ほかのラーメン屋を
押しのけてでもぜひぜひ食べてほしいタンメンです。




ごく普通の和菓子店の店構えなのに…。


和菓子店のイートインなのに
主力はなんとラーメン


ラーメンストリート・早稲田通りでも
ここまでの味はほかにないタンメン



ラーメンも昔懐かしい味


これぞ正統派のチキンライス


トッピングはグリンピース
具に椎茸も



ラーメン 500円 タンメン 600円 もやしそば 600円 チャーシューメン650円
焼そば 500円 焼めし 600円 チキンライス 700円 親子丼 700円 玉子丼 650円
カレーライス 580円 ライス 150円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/iseya.htm


2006・5