北海道釧路市
栄町4-1

0154-24-4039

18:00〜25:30
日祝休
地図はここ



そもそものきっかけは、前を歩いていたサラリーマンの
二人連れでした。釧路市の繁華街でのことです。

「この先にうまくておもしろいラーメン屋があるん
ですよ。行きましょう。」

うまくておもしろい?
さっそく、千鳥歩きのふたりのあとをつけるようにして
店に行ってみました。

たどり着いたのは繁華街の角にある店。

「かど屋」という店名はその場所から来たのでしょう。
看板には「つぶ焼き」という文字が大きく書かれ、
「ラーメン」は小さく添えられています。これを見て
最初、「つぶ焼きラーメン」かと思ってしまいました。

店内は10人ほどのカウンターと4人卓が4つほど。
こじんまりとした店のなかには、香ばしい匂いが
立ち込め、夫婦らしきふたりが忙しそうに立ち回って
います。夜10時半だというのにけっこう客も入って
いてほぼ満席。人影まばらな外とは大違いです。

メニューは「ラーメン」と「つぶ焼き」の2つのみ。

それまでさんざん飲んでいた私にとって、お腹の余裕は
もう一品程度。ならば「うまくておもしろいラーメン」を
食べてさっと帰ろうと、店の奥さんに「ラーメンを」と
注文するととても不満そうな顔をするのです。

「つぶ焼きが名物なんですから、ぜひ食べて行って
ください」

迫力に負ける形で「つぶ焼き」を頼んでしまいましたが、
これがもう名物というだけはありました。

つぶ焼きとは、つぶ貝という小さな巻き貝に、醤油を
ベースにした甘辛いたれを入れて焼いたもの。
小さなまな板のような台にきれいに並べられて
出てきます。

貝の口に楊枝を差し込み、ねじるようにして取り出すと
ぷりぷりした身がポロンっと出てきます。
そのまま口に入れると、貝のあふれるような汁とともに
うま味がじゅわっと口いっぱいに広がり、コリコリした
食感が歯と舌を楽しませてくれます。

このおいしさは絶妙なたれにあるのでしょう。

普通に焼いたつぶ貝は、ほのかな生臭さやエグ味が
あり、たくさん食べるにはちょっと抵抗があります。
しかし甘辛いたれがそれらを打ち消し、うま味だけを
強く引き出しているのです。

さすが名物というだけありました。これで5個850円、
1個あたり170円は安いと思います。

もし釧路地方に行くことがあったら、万難を排してでも
ぜひぜひ一度試してほしい味です。

とにかく、めちゃめちゃおいしいですから。


ラーメン?

ラーメンも醤油ベースでおいしかったのですが、
つぶ焼きの前にはやはり脇役に甘んじざるをえません。

まあ私自身、つぶ焼きでお腹一杯になり(しかも
ビールまで追加)、ラーメンを食べるころには舌が
麻痺していた可能性もありますが。


つぶ焼き
5個850円でも納得するおいしさ


「つぶ焼き」が大きく、「ラーメン」が小さい
最初、「つぶ焼きラーメン」かと思った


繁華街の角にあるからついた名前か


カウンターとテーブル席の店は
けっこうな入り具合



貝のフタの脇に楊枝を刺してひねる


楊枝をひねりながら引っ張ると
ぷりっぷりの身が出てくる



もうひとつのメニュー、ラーメン



つぶ焼き 850円
ラーメン 600円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/kadoya.htm


2008・3