目黒区目黒1-5-16
アイワビル B1F
03-3491-2132

11:30〜15:00
17:30〜22:00 日休

地図はここ

目黒駅から権之助坂を5分ほど下って行った
場所にある雑居ビルの地下。

一見、なんの変哲もないそば屋なのですが
その丁寧な仕事ぶりには驚かされます。

最初に食べたのは穴子天せいろ。
その真っ白に揚がった一本の穴子はさっくりとした
歯触りでありながら中はほっくりしてしっとり。
これだけの穴子の天ぷらは専門店でもなかなか
見られないような気がします。

蕎麦は非常に細め。
太さで言えば、そうめんと冷や麦の中間くらい。
6月という時期ですから、蕎麦の香りを期待する方が
無理なのですが、それでもほのかな香りと甘さ、
そして細めでありながら適度な歯ごたえは上質です。
だしも鰹でしっかり取って辛さほどほどの醤油と
合わせたもので、余計な味がありません。


日をあらためて再び行ったときには、二人連れだった
こともあり、サイドメニューにも挑戦してみました。
頼んだのは「蕎麦の芽と長芋のサラダ」。
たっぷりと盛られた蕎麦の芽の中に、すごく細く
刻まれた長芋が隠され、上には髪の毛のように細い
海苔と揚げた蕎麦の麺が。ドレッシングも蕎麦つゆを
ベースにしたあっさりとしたもので、ちょっとした酒の
肴にもぴったりの一品になっていました。

そしてもう一回頼んでしまった穴子の天ぷら。
メニューにはないところを、お願いして単品で。
前回よりもちょっとだけ色がついていたものの、
さっくりとした歯触りと味も変わらず。やはり技量が
違うようです。

シメに食べた「錦そば」は、蕎麦の上にだし巻き卵、
ネギ、海苔、それにきんぴらごぼうが乗っていて、
つゆをかけてぶっかけ形式で食べるもの。
きんぴらごぼう、というのが意外でしたが、あっさりとして
味を主張しないもので、そばとうまく解けあう感じで
いろんな味を楽しめるものでした。


店の雰囲気も家庭的で、時折厨房から顔を見せる
ご主人の人柄も、料理と同様誠実な感じ。

まさに知る人ぞ知る店として、たくさんの常連に
愛されていることが手にとるようにわかるような店。

こんどはぜひ、夜に行って酒と肴を楽しんでみたいと
思いました。



穴子天せいろ


蕎麦の芽と長芋のサラダ


穴子の天ぷら


錦そば


なめこおろしそば


穴子天せいろ 1,500円 天せいろ 1,600円 鴨せいろ 1,300円
もずくそば 1,200円 とろろそば・なめこおろしそば 1,000円
せいろ・かけ 800円 蕎麦の芽と長芋のサラダ



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/kosuge.htm