渋谷とっておき!!ホーム 新宿区高田馬場2-9-12
柴原ビル1F
03-5272-5010


12:00〜13:00
18:00〜22:00 月・第2火休

大きな地図で表示



ほんとにこの値段でやっていけるのか---。

それが、この店を訪れたほとんどのひとが抱く
正直な感想でしょう。


ラーメン屋が通りを埋めつくす早稲田通りから脇道に
入った所にある、一見、街の洋食屋のような小さな店。
フランス料理でも大衆的な店であるビストロ形式の
店なのですが、その量も質もハンパではありません。

ディナーの前菜だけで普段の昼食の一回分は
あろうかというほどのハンパでない量の多さ。
その一方で非常に繊細な味と丁寧な盛りつけ。
そして帰りに傘を玄関にさりげなく立てかけて
くれるような細やかなサービス。

前菜とメインをそれぞれ数種類から選べるという
プリフィクス形式のコースなのですが、それで
ランチが1,050円、ディナーが2,100円という
基本価格設定なのですから、信じられません。


今回私がディナーで食べた「仔羊の背肉ロースト」は、
この店の“量と質”を象徴するようなメニューでした。
通常、仔羊の背肉・ラムチョップは肋骨一本ごとに
切り分けてあり、食べやすい形に整えてあるのですが
出てきたのはなんと肋骨二本ごとの“塊”。しかも
しかもそれがふたつ、小さめの皿の上にそびえ立って
出てきます。これを見て驚かないひとはいない、と
断言できるほどのすさまじい量です。量が多いことも
あって味付けは控えめで上品。焼き加減も申し分なく
意外にもぺろっと食べられてしまうのも不思議です。
このメニューは追加料金735円が必要でしたが、
それでも「なんじゃこの安さはぁぁぁ!!」と叫びたくなる
ほどの満足感の非常に高い一品でした。

その前の前菜「生ハム・コッパ・スペイン産チョリソー
鴨のリエットの盛り合わせ」もまたけっこうな量でした。
普通なら何人かでつつくような量を、小さな皿に
てんこ盛り。メインの鴨のリエットも添えられたパンに
乗せきれないほどありましたが味は意外とあっさり。
量は多いですが、干しイチジクやピクルスもあり、
様々な味を楽しめるようになっていました。


そのほか、「クリュディテ(5種類の野菜の盛り合わせ)」は
前回も今回も連れが頼んだのですが、前回のランチ
でもかなり量が多かったのに、ディナーはさらに大量。
コースの総額に比例して2倍あるんじゃないか、という
ほどの量にただただ圧倒されていました。

また、この日の魚料理である「メダイのポワレ」も
切り身がふた切れ分はあろうかというほどの大きさ。
下に敷くようにして盛りつけてあるラタトゥイユには
生クリームが加えられて酸味が抑えられ、淡白な
白身とケンカせずに融け合うような味に仕立てあげ
られていました。


何を頼んでも圧倒的な量に、店内からは次々と
驚きの声。続いて聞こえるのは「おいしい」との声。
ほんとにこの値段でやっていけるのだろうか、という
疑問を抱えたまま客は笑顔で帰っていくのです。

デザートは別で525円。飲み物も別で315円から。
しかしそれでもディナーでワインを一本頼んでも
2人で1万円前後しかかかりません。

ここまでコストパフォーマンスのいいフレンチの店は
渋谷の「コンコンブル」とたぶんこの店くらいのもの。
ほとんど奇跡のような存在です。

それだけに予約は必須
週末の希望の時間を取ろうとするなら、遅くとも
2週間前に予約を入れなければなりません。
ディナーならともかく、ランチでもこの状態なのですから
ちょっと異常な気がしますが、それでもここの料理を
食べたい、という人が多いのですからしかたないと
言うしかないでしょう。


ところで、店内を見ていると気になることがひとつ
ありました。それは、20代後半から30代の男性の
一人客がかなり多いこと。

ランチで行ったのは土曜日の1時半だったのですが、
同時に男性ひとり客が3人もいました。
もちろん彼らも予約して来ていて、帰りがけに次の
予約を入れていきましたからけっこう常連の様子。

たしかに安くておいしいこの店ならば、ひとりででも
来たくなる気持ちもわかるのですが、せっかくここを
知っているのなら、女の子でも誘ってくればもっと
楽しいひとときが過ごせるだろうに、とつい老婆心を
出してしまいます。

裏を返せば、こうした男たちの“勇気のなさ”が
現在の“結婚できない”独身男女の増加を招いて
いるのかもしれないなぁ、などと考えてしまいます。


もしこの店に行くときは、意中のひとをぜひ誘って
連れて行ってあげてください。

もし相手がちゃんとした味覚と感覚を持つ人ならば、
すごく喜ばれ、うまくいくこと間違いなし、ですから。





早稲田通りから入った
細い路地にある小さな店
一見、古い洋食屋といった風情



生ハム・コッパ・スペイン産チョリソー
鴨のリエットの盛り合わせ



仔羊の背肉ロースト
にんにくのロースト添え



クリュディテ
(5種類の野菜の盛り合わせ)


ランチのクリュディテ
写真ではわかりにくいが量は半分


メダイのポワレ ラタトゥイユ



フロマージュブランのムース(ディナー)



アプリコットのタルト(ランチ)



コース  ランチ 1,050円 ディナー2,100円
(それぞれ料理によっては追加料金あり)

デザート525円(ランチではドリンク込み)  コーヒー315円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/lamitie.htm


2005・6