新宿区高田馬場3-33-3
03-3362-1198

18:00〜24:00
日休

大きな地図で表示


この店のつまみは、実に大胆です。

△地豚のニンニク味噌バター焼
△モッツァレラ・トマト・バジルのサラダ
△じゃがバターゴルゴンゾーラ明太添え
△きのこのゴルゴンゾーラ松の実のせオーブン焼
△生ハム(スペイン産イベリコ豚)とチーズの盛合せ
△世界三大ブルーチーズ盛合せ


ん?これのどこが大胆なの?と思う人もいるでしょう。


それは、もしこの店が日本酒の店だと知らな
ければ、の話ですが。


ここは日本酒、とくに純米酒を心から愛する人だけが
集う店。

竹鶴、神亀、諏訪泉、開運…。

厨房の上に張り出されたのは、店主の杉田衛保さんが
全国からセレクトした地酒の一覧。
もし自分の好みの銘柄があればそれから飲むもよし、
好みの味を伝えておいて杉田さんが勧めるものを
飲むもよし。純米酒の良さがわかれば、とくに堅苦しく
感じることもありません。

そして冒頭のメニューの数々は、この店の酒に
合わせてそろえられたもの。
もちろん、上記の他に刺身や天ぷらや塩辛など
オーソドックスな日本酒の肴もありますが、
こうしたこってりした味のメニューにも負けない、
力強い味の純米酒が揃っているということなのです。


この店があるのは、高田馬場駅から早稲田通りを
西へ10分ほどの場所。曲がりながらだらだらと続く
坂を登り、シチズンプラザというアミューズメント施設の
前を通りすぎてやっと着くという遠さです。
(バスだと小滝橋行きで2つ目)

店内は10人が座れるカウンターのみ。

ほとんど毎日のように10席すべてが埋まり、
しかも周囲にはほとんど店がないため、予約は必須。

これだけ満席が多いのですから、もっと店を大きく
してもよさそうなものですが、ご主人の杉田さんに
とって、10人のカウンターというのが客のすべてに
目配りできる最大の大きさなのでしょう。

客は肩を寄せ合い、他の客の会話を聞くとはなしに
聞きながらいつしか和気あいあいとなっていきます。

肩肘張る必要もなく、ましてや付け焼き刃の知識を
ひけらかす必要もなく、ただただ健康的に醸しだされた
純米酒の芳醇な味を堪能できる舌を持っていれば
いいのです。

そうすれば、この店はあなたにとって極楽となること
でしょう。



地豚のニンニク味噌バター焼き
皿の色まで大胆な一品


高田馬場から西へ10分ほど
周囲には店もあまりない


選りすぐりの地酒たち


本当の日本酒好きが集う
10席のカウンターはいつも満席


真鯵のなめろう
なめろうというよりもたたきに近い


山菜盛り合わせ





いわし刺身・たたき・なめろう 900円 いわしレモンマリネ 1,000円
〆さば 950円 焼〆さば 1,000円 穴子の白焼 1,000円 穴子の天ぷら 1,000円
地豚のニンニク味噌バター焼 950円 モッツァレラ・トマト・バジルのサラダ 950円
じゃがバターゴルゴンゾーラ明太添え 850円 きのこのゴルゴンゾーラ松の実のせオーブン焼 1,000円
生ハム(スペイン産イベリコ豚)とチーズの盛合せ 1,300円 世界三大ブルーチーズ盛合せ 1,000円

普通に飲み食いして5,000円程度 けっこう飲んで7,000円程度


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/manaita.htm


2005・5