渋谷区宇田川町3-12
03-5489-8839

12:00〜14:45
17:00〜24:00
(金・土〜26:00) 無休
地図はここ




「ビジネス弁当」で、おでんはないでしょうに。

上の写真は「高瀬川ビジネス弁当」という日替わり
ランチのひとつですが、これにはさすがに面食らい
ました。

おでんとサラダにご飯と味噌汁。

たしかに味付けはあっさり上品でおいしく、牛筋も
入っていたりと京風なのですが、それがランチで
小鉢で出てきてはたして嬉しいものなのかどうか。

私はこのあと、近くの惣菜屋「伊勢屋」に直行し、
アジフライと串カツを買って帰りました。

この店に入ったのは12時の少し前。ちょうど遅めの
開店準備中で、店先にはまだ日替わりメニューの
黒板もなく、案内されるまま二階に上がりました。
「高瀬川ビジネス弁当」を頼んだのは、単に前回に
来たとき隣の客が頼んでいて、お得そうに見えたから。

それが、まさかおでんがおかずとして出て来ようとは。

まあ、もちろん日替わりなのですからこれはたまたまの
ことなのでしょうけれども。


この店があるのは渋谷の西北のちょっとはずれ。
東急ハンズ脇を東に登っていくオルガン坂から、
サッカー用品の店である加茂スポーツの角を北に
折れた細い路地にあります。

小さな雑居ビルの地下1階から2階を占めるのですが
驚いたことに厨房が1階で、地下1階と2階の客席とは
外階段で結ばれるという不思議な構造。
建物自体にエレベーターがあるのですが、店内からは
わざわざふさがれて使えなくされています。

たとえば、2階で食事を済ませた客は狭い階段を降り、
わざわざ1階の店舗の、しかも中腰にならなければ
入れない木戸を再びくぐって会計を済ませるのです。
そもそもひとつの店舗として一体でやっていくには
ちょっと無理がある3フロアを、だましだまし使っている
感じでしょうか。


まあ、「おでん弁当」はともかく、最初に行ったときの
かつ丼は、なかなかおいしくてお得感の高いもの
でした。

正式には「鹿児島産 茶美豚のカツ丼スペシャル」と
いう仰々しい名前のレギュラーメニュー。
茶美豚とはチャーミートンと読ませ、お茶由来の
カテキンとサツマイモという、これまた鹿児島産品を
食べて育てたブランド豚の肉とのこと。

これをさっくりと揚げて、卵でとじるというより
卵とじを上に乗せる形でかつ丼に仕上げています。
あっさり甘めのつゆが多めの、九州地方に見られる
いわゆる“つゆだく”かつ丼で、おいしく仕上がって
います。

ランチタイムにも分煙されておらず、いまどきの店と
しては、といった部分はありますが、かつ丼を食べた
限りでは、全体的にコストパフォーマンスは高いと
いえるのではないでしょうか。

基本的には西日本の味をしっかり守った、丁寧な
料理といえ、夜もまた期待できるでしょう。

お近くにお越しの際はどうぞ。


高瀬川ビジネス弁当
この日はおでんの小鉢三つがおかず


牛すじがあるところが関西風
大根は冷たかったものの
味がよくしみ込んでておいしい


まさか昨夜の残りでは…
という疑念がふと頭をよぎるが


2階フロアはカフェ風
飲み物を提供するカウンターはある



店の入口 奥に階段がある
フロアの構成が最大の難点か


別の日「茶美豚のカツ丼スペシャル」
これはお得感高かった



卵でとじたのではなく
“卵とじを乗せた”感じのかつ丼


【ランチ】 高瀬川ビジネス弁当 780円 海鮮かたやきそば 800円
茶美豚のカツ丼スペシャル 800円 九条ねぎの他人丼 850円
穴子の天ぷらとイクラ丼ぶり 800円 本日の新鮮魚定食 880円 茶美豚の生姜焼定食 880円




2007/12