新宿区西新宿7-2-6
K1ビル 1F
03-3363-4634

11:30〜15:30 16:30〜21:30
11:30〜16:00(日)
無休


大きな地図で表示

2回目。並んだのは11時33分からでした。

開店したばかりだというのに列は店外に8人ほど。
店内に12人ほど。開店直後の客は一斉に入るため
なかなか注文が出てきませんし、食べ終わりません。
着席できたのは11時52分。
サイドの「とんがり飯」」が出てきたのは11時57分。
先に着席した客を見ても、麺類は出てきていませんから
まだ麺が出てくるのには時間がかかるのでしょう。
しかたなくごはんだけ食べ始めます。
そして肝心の「味玉つけ麺」が出てきたのが12時07分。

もともと並ぶのが好きじゃないため、いまさらながらの
「麺屋武蔵」出陣となってしまいましたが、それでも
これだけ並びます。

じゃあ、並ぶだけの価値はあるのか。

正直、「ある」と言ってもいいかな、という感じでしょうか。
有名な、サンマの煮干しを中心にした魚介系のスープは
たしかにおいしく、醤油の力強さとあいまってついつい
飲み干してしまうほど。

麺も太めのちぢれ麺で、弾力ある歯触りは「もぐもぐ」と
形容するのがふさわしい感じ。かん水の匂いもなく、
麺そのものもなかなかおいしいものです。



平日16:30ごろの麺屋武蔵。
外側に行列はないが…。


味玉チャーシュー麺

ただ、ちょっと塩味がキツすぎるのです。
1回目に食べた通常スタイルの味玉チャーシュー麺もそうだったのですが、2回目の
味玉つけ麺は、タレに直接、麺をひたして食べることもあって、その塩辛さがこたえます。
とくにタレの中に沈んだチャーシューやシナチクを食べてみるとタレがしみこんでしまっていて
ちょっとつらいのです。

この店では食券を渡す際に「こってり」「あっさり」のオプションが選べるのですが、
これに塩味薄めの「マイルド」という選択肢を設けてくれればいいのに、と思いました。

とはいえ、さすが行列ができるだけの店。
醤油ベースのスープの力強い味と、しっかりした歯触りの太麺の組み合わせには、たしかに
抗いがたい魅力がありました。

また、細かく砕かれたチャーシューに、カブの角切りをごはんに混ぜ込んである「とんがり飯」も
特筆もの。200円というお手頃な値段ですし、ぜひ一度試してみてください。



ら〜麺 700円 味玉ら〜麺 800円 チャーシュー麺 1100円
あじ玉チャーシュー麺 1200円 角煮ら〜麺 1200円
つけ麺 700円 味玉つけ麺 800円 とろつけ麺 700円
野の冷やし麺 850円 とんがり飯 200円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/musashi.htm