文京区本郷4-2-8
フローラビル2F
03-3815-1195

11:00〜14:30 17:00〜22:30
無休
地図はここ

ベトナムにカレーなんかあっただろうか。

私はベトナムをはじめとするインドシナが大好きで、ベトナムだけでも4回も行って
全土をまわっているのですが、ベトナム料理の店でメニューに「カレー」の文字を
見た記憶がまったくありません。

見たのは、インド人経営のインドカレーの店でだけ。しかもそうした店はフエ、サイゴン、
ニャチャンなどの観光地にあり、客のほとんどが外国人なのです。

親しいベトナム人に聞いてみたところ、ベトナム人は
唐辛子系の辛さが苦手なんだそうです。
たしかにベトナム料理全般を見てみると、唐辛子を
多用する料理はありません。

で、そんなベトナム料理専門店の「鳥カレー」。
ランチメニューの筆頭に掲げられた異色のメニューは
やっぱりあまり辛くありません。徐々に辛さが効いては
きますがそれでも「鳥煮込みカレー風味」といった感じ。
ただ、香りは豊かでスパイスの使い方はさすがです。

カレーとして刺激を求めるなら肩すかしを食いますが、
ひとつの料理としてみると、ほろほろに煮込まれた
手羽元もおいしく、大きめに切られたニンジンなども
ちょうどよく煮込まれておいしいのです。

そもそもこの店、ランチメニューはほとんどベトナム
料理店ではありません。なにしろカレー以外の定食には
味噌汁がついてきます。日替わりメニューの名前にも
「○×△メキシコ風」なんていうのが登場します。

でも全部のランチメニューが600円。非常にお手頃です
ので、近くに寄ったときには利用したいものです。


鳥カレー


鳥のバジル煮込み定食
やっぱり味噌汁が…。

しかしこの店、さらにすごいことがわかりました。

先日、この店に行ったのは13:20ごろでした。東大で14:00に用事があったので、
遅めの昼飯をかき込んでおこうと思ったのです。
しかし店に行ってみると、こんな時間なのに階段に2人組のおばさんが並んでいます。
その後ろに並んでみたのですが、客はどんどん出てきますし、店内には空席が見えます。

「あの、並んでいるんですよね?」と聞いてみると、おばさんふたりは
「いえ、私たちは1時30分からの安いのを待ってますから」との返事。

ランチ600円ですらじゅうぶんに安いのに、何を言ってるんだ、と不思議に思いながら
店内に先に入り、鳥カレーを食べていると、謎が解けました。

なんとこの店、13:30からはランチを400円に値下げ
するのです。しかもこっちはドリンクまで付いて。
そりゃあ、時間があまっていればこっちを選ぶでしょう。

30分になると、どっと客がなだれ込んできました。
それまでガラガラだった店内が、一気に満席になります。
そして店を出ると、さらに15mはあろうかという行列が
突如登場していたのです。

たった400円で「鳥カレー」をはじめとするランチが
味わえて、しかもごはん・そうめんはおかわり自由。
さらに飲み物がついているとなれば、行列ができるのも
当たり前。東大生らしき人々も数多くいました。
この店がもし、貧乏学生が集まる私の母校の近くに
あったなら、行列は優に100mに達したことでしょう。



13:30に突如登場する行列

お目当てはなんと…。
言い忘れましたが、この店、新宿御苑に本店があります。
ここには夜、入ってみましたが、20年前の喫茶店のような“時が止まったかのような”内装で、
ちょっとびびってしまうのですが、料理自体はなかなか本格的なものが味わえました。
もちろん、夜はちゃんとしたベトナム料理の王道です。

ただ、香菜(コリアンダー)はほとんど使われておらず、あくまで日本人の好みに合わせた
ものとなっていて現地の香り(匂い)までは求められませんでしたが、それでもなお、
行ってみる価値はあるでしょう。

【ミュン 本店】
新宿区新宿1-3-8 YKB新宿御苑ビルB1F
03-3358-9951



地図はここ

【ランチ】鳥カレー 600円 ほか日替わり各種
【夜】生春巻(2本) 680円 揚げ春巻(5本) 700円
フォー・ガー(鶏味ベトナムうどん) 800円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/myun.htm


2004.7