渋谷とっておき!!ホーム 中央区銀座2-3-1
03-3561-2929

10:00〜21:00
日祝休

大きな地図で表示

辛夷飯(カライライス)

この店では、カレーライスのことをこう呼んでいます。

ひとことで言うと、カレーパンの中身をほじくり出して
ごはんにかけたような感じ。

油分が多く、非常に濃厚でスパイシーなカレーなのです。



銀座のいちばん北、地下鉄有楽町線の
銀座一丁目駅のすぐ近くにある、ほとんど
バラックと呼んでいいほどの古ぼけた店。

店内もまた、半世紀前から時が止まったかのよう。
入るとちょっと独特の匂いが鼻を突きます。

店を営むのは、ほがらかな笑顔のおじいさんと
働き者のおばあさん。
ほかに女性が働いていますが、
どうやらみんな家族のようです。


メニューはカレーのみ。

普通盛りである「大井」から始まり、「大森」は半熟の目玉焼き付きの普通盛り。
そしてようやく「蒲田」まで行ってはじめて、ごはんが大盛りになります。

常識的なシャレとしては、「多い= 大井」「大盛り=大森」とするのが通常で、
正直、なぜこんな紛らわしいネーミングなのか理解に苦しみますが、
メニューなんてしょせん記号でしかないと考えればそう目くじら立てるほどのもの
ではないのかもしれません。

ただ、量については「蒲田」でもかなり少なめであり、ほかの店の普通くらいしか
ありませんのでご注意ください。噂によれば「つんかま(蒲田の次、の意)」という
さらに大盛りの裏メニューがあるとか。しかし、もともと量が少ないのですから、
なにも超大盛りを隠さなくていいと思うのですが…。

カレーのほかには、スープを含む飲み物がありますが、サイドメニューと呼べる
メニューは一切なし。サラダすらない店は、全国のカレー店でもいまやここだけ
ではないでしょうか。

半熟の目玉焼きをスプーンでつぶし、カレーと絡めて食べると、卵の甘さと
スパイシーな香りと辛さがとけ合って、複雑な味わいとなって口にひろがります。
これがなかったら、カレーソース(ルー)に具がほとんど残っていないだけに、
たぶん食べている途中でその単調さに飽きてしまうでしょう。

胃もたれしそうな濃厚なカレーですが、やみつきになってしまうひとがいることは
容易に想像できる伝統の味。ぜひ一度、おじいさんの笑顔を見に、食べに行って
あげてください。


品川(ダイエット用)480円、大井(普通)530円、
大森(普通+卵)630円、蒲田(大盛り+卵)740円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/new-castle.htm


2004.4