渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区道玄坂2-25-5
島田ビル 2F
03-6277-5288

11:00〜14:00
17:00〜22:30
(土日祝11:00〜22:30)
無休

大きな地図で表示





「俺の」のあとは、「大人の」ですか。

正直、ハンバーグに所有格をつけるだけでこれだけ
スペシャリティが醸し出せるとは、恐れ入ります。

次あたり、「父のハンバーグ」でしょうか。


しかしここのところ、渋谷に登場する新店で目立つ
のはカレーやハンバーグといった日常食ばかり。
これもデフレの影響でしょうか。それとも若者の
普段の食生活の貧困さを反映しているのでしょうか。

そのなかでもここは8月13日にオープンしたばかりの
ぴっかぴかの店。 調べてみると去年田町に1号店を
オープンしたばかりでここが直営の3店目。チェーン
として今後大きく成功できるかどうかの鍵を握る
大事な店という位置づけでしょう。

場所は東急本店の角を左に折れてすぐ。ラブホ街に
続く坂道の角のビルの2階です。ここにはたしか
ステーキ屋があってそのまま居抜きで入ったようです。

店内は小さめで、鉄板を取り巻くL字のカウンターに
6人分、テーブル席は10席分。

最初に入ったのはオープン翌日の正午過ぎ。
すでに店内はほぼ満席で煙がもうもうと立ち込め、
熱気が充満。しかも煙の正体は湯気ではなく、
油気ですからなかなかに強烈です。

さっそく店名にもなっている「大人のハンバーグ」を
200gで注文し、プラス80円のサラダを注文します。

まず出てきたサラダにびっくり。10cm四方の皿には
トマトにレタスに大根にニンジンに豆が数種類。
けっこう手間とコストがかかったサラダが80円とは
ちょっと驚きです。ハンバーグ本体にすでに利益は
確保されていて、サラダなどはほぼ原価という値段
設定でしょうが、これは戦略としてかなり上手です。

そして出てきた「大人のハンバーグ」。
大きさが150g、200g、250gと三段階で選べるなか、
真ん中の200gを試してみたのですが、目玉焼きに
隠されて全貌がよくわからない状態。目玉焼きを
横にずらしてみると背の高い拳状の塊がチーズを
かぶって現れます。さっそく割ってみると中はレア
というよりもほとんど生。溶岩でできたプレートで
好みの焼き具合まで加熱して食べるスタイルです。

ハンバーグそのものにしっかり下味が付けてあり、
そのまま食べてもいいほどの味。肉も臭みがなく
粗すぎず細かすぎずの挽き方もいい塩梅です。

ソースは「大人のソース」と「和風」「照り焼き」の
三種類から選べますが、残念なのはハンバーグに
直にかけることができず、浸して食べるよう指示され
ること。たしかに熱を持ったプレートに直接かければ
油とともに周囲に大量に飛び散るのは必至でしょうが
せっかくエプロンや紙ナプキンを配布して着用させる
のですから、認めてもよさそうな気がします。
浸して食べるという作業のおかげで、なにか一段階
テンションが下がる気がするのです。

まあ、店としてはソースまで飛び散られては掃除が
さらに大変になるというのはわかりますけれども。

しかしそもそも、カウンターに座っているだけで
手のひらで操作するスマホの画面に細かい油滴が
次々と飛んできて、食べた後は全身に油がまとわり
つき、顔にも油の層ができたような感じになるほど
なのですから、客としてはなにをいまさら、です。

さて、別の日にあらためて訪問して食べたのは
「アボカドトマトハンバーグ」(200g)。これにスープと
サラダのセットをプラス100円でつけました。
サラダだけを付けてプラス80円でしたから、たった
20円プラスでスープもつくのですが、正直なところ
このコーンスープならどうでもいいかもしれません。

組み合わせのユニークさから頼んだ「アボカドトマト」
ですが、率直に言うとあまり必然性を感じない組み
合わせ。アボカドもトマトもただ乗ってるだけで、別に
相乗効果がないのです。これなら「ダブルチーズ」の
ほうがいいかもしれません。

ソースは「大人の」には「大人のソース」、「アボカド
トマト」には店員の勧めで「和風」を合わせてみました
が、どちらももう少し特徴がほしい感じ。せっかく店が
「大人の」なのですから、コクとか苦味やえぐ味が
うま味を引き立てるアクセントになるようなソースを
ひとつ期待したいものです。


価格帯としては、昔のファミレスを思わせる1,500円
前後というなかなか強気のラインで、どこまでその
ファミレスとの違いを強調できるかが勝負になって
くる気がします。

スタッフの教育が行き届いていて、勘定のときの
POSシステムの操作がスムーズでないこと以外は
不快な思いをすることはまったくありませんでした。


肉をしっかりと食べたい時に、油の臭いもいとわず
突進して満腹になりたいのならぜひ行くべきでしょう。

肉食なあなたになら、お勧めです。


「大人のハンバーグ(200g)」
大人の拳ほどの大きさの
背の高いハンバーグ


以前ステーキ屋があったビルの2階
居抜きのため改装してすぐオープンした


L字型のカウンター6席に
テーブル席が10人分



驚きの「5品目のサラダ」
90円プラスで付くものとは思えない


「大人のハンバーグ(200g)」
目玉焼きに覆われてハンバーグが
ほとんど見えない


中はレアと言うよりほとんど生
切っては断面を鉄板に押し付け
ソース煮浸して食べるの繰り返し


1人に1枚配られるエプロン
不織布でできていて結ぶ必要がない


「アボカドトマトハンバーグ」(200g)
ユニークなので頼んでみたが
あまり必然性を感じない組み合わせ


アボカドもトマトもただ乗ってるだけで
相乗効果を感じられなかった


サラダとのセットで+100円のスープ
正直、あってもなくてもいい




【ランチ】 大人のハンバーグ (150g)1,150円 (200g)1,380円 (250g)1,750円
 アボカドトマトハンバーグ (150g)1,150円 (200g)1,380円 (250g)1,750円
ダブルチーズハンバーグ (150g)1,150円 (200g)1,380円 (250g)1,750円
   プレーンハンバーグ (150g)930円 (200g)1,230円 (250g)1,530円
ベーコントマトハンバーグ (150g)1,290円 (200g)1,520円 (250g)1,890円
       大人スペシャル (150g)1,510円 (200g)1,740円 (250g)2,110円

スープサラダセット +100円 サラダ +80円 スープ +80円




このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/otona.htm


2012・8