渋谷区道玄坂2-23-15
小池ビル4F
03-3780-1313

17:30〜25:30 日祝休
地図はここ

渋谷で日本酒を、というとき、真っ先に名前が挙がるのがこの店でした。

いつ行っても満席。
「ビールは最初の一本だけ。日本酒を飲まない人お断り」という強気で知られる店でしたが、
それでもいつも満席だったのですから、それだけの熱烈な支持が間違いなくあったのです。

しかししばらく行かないうちに、気になることが起こっていました。
いわゆるグルメ雑誌にこの店がちょくちょく載るようになっていたのです。
「ビール一本まで・日本酒飲まないひとお断り」とはどこにも書いてありません。
不思議に思いながら、久しぶりにこの店を訪ねました。

誰もいませんでした。

火曜日の夜10時とはいえ、かつてならこの時間でも待たずに入れればラッキーでした。
もちろん、一人もいないのは偶然のことでしょう。でも、以前なら絶対にありえなかったこと。

何が変わったのか。店内の至る所に“七冠馬”という文字が踊り、シンボリルドルフという
馬のポスターが貼られ、シンボリの勝負服(騎手の着る服)が吊るされています。
果ては日本酒リストの筆頭に“七冠馬”という酒があるのを見て、強い違和感を感じました。

また、そのほかの日本酒も以前のような精彩がなくなってしまったような気がします。
唯一、私がよく知っている山口県の純米酒“獺祭”(だっさい)があったのですが、100mlで
1250円という価格には正直、驚きました。おいしいけれど、800円がいいとこの酒です。

ただ、店の看板だった、化学調味料を使わない独創的な大皿料理はまだ健在のようです。
「ほうれん草のおひたし」にはシラスと細かい鰹節が入り、450円とは思えない味のもの。
「まぐろの中トロ煮」も少々甘めながら、型崩れせず味がしみ込んだなかなかのものでした。

みんながこよなく愛し、通いつめた酒菜亭。
せっかくおいしい肴は健在なのですから、ぜひ名門復活を期待したいものです。


ほうれん草のおひたし 450円 まぐろ中トロ煮 600円
肉じゃが 500円 朴葉みそ焼 900円
七冠馬1,100円 獺祭 1,250円
李白 1,200円 満寿泉 1,150円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/sakanatei.htm