渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区渋谷3-7-5
03-3499-0434


11:00〜スープのある限り
日祝休

大きな地図で表示




つけめんというと、ラーメンから派生した食べ物であり、
麺はかん水の入った黄色の細麺というのが主流です。
好きか嫌いかは別にして、それがつけめんのデファクト
スタンダードでした。

しかし、この店の麺はほとんど小麦粉そのままの
色であり、麺も太めのコシのあるストレート麺。
正直、うどんです。
多少かん水は入っているのでしょうが、これを
うどんと言わずして何と言う、といった感じです。

最初に食べたのは「薩摩角煮つけそば」。
普通のつけそば(醤油)が650円なのに対し、1100円。
その差450円とは、いったいどんな角煮が出てくるの
だろうかと楽しみにしていました。

乗ってきた角煮はちょっと少なめ。60gくらいでしょうか。
あるサイトに載っていた写真とはちょっと違います。
チャーシューを醤油だれで絡めて煮込んだ感じで、
こってりと甘辛くておいしいのですが、450円もの差を
感じることはできないのはちょっと残念です。

麺はコシがしっかりしていて甘味があり、ボリュームも
十分。無料の大盛なら腹一杯になってしまいます。
つけ汁はちょっと醤油がとがった感じで、単体では
しょっぱさを感じるのですが、実際に麺をつけてみると
そう気にはなりませんでした。

3日後に訪れた二回目。
こんどは「チャーシュー野菜つけそば」を頼みました。
前回の帰りに卵サービス券をもらったことだし、
本当は単に「つけそば」+卵にしようと思ったのですが
やはりいつものヘンな見栄が邪魔してしまいました。

しかし、こんどの「チャーシュー野菜つけそば」、
950円-650円=300円の差を、こんどは逆の方向に
裏切ってくれました。

麺には厚めのチャーシューがどーんと5枚。
しかし「チャーシュー野菜つけそば」です。
あれ、野菜は?と思ったときに、つけ汁が登場。
なんと野菜はつけ汁の中に入っていました。
もやしを中心に小さく刻まれたキャベツ、背脂などが
油多めで炒められており、つけ汁にひたされています。

しかもこの野菜炒め、はんぱな量ではないのです。
中華料理店の野菜炒め一人前がそのままぶち込まれている感じ。野菜を先に食べなければ、麺を浸すだけの
場所すら確保できないほど。
“つけ汁に野菜が入っている”、というより、
“野菜炒めにつけ汁をたっぷりかけた”、といった感じ
なのです。

野菜炒めの味も加わったせいか、つけ汁はマイルド。
チャーシューはとりたててすごい、というものでは
ありませんでしたが、なんといっても野菜炒めの山。
このボリュームには恐れ入りました。

メニューにより極端なのか、日によって極端なのかは
まだ解明すべき謎ではありますが、このボリュームは
とにかく特筆もの。
もしお腹の容量に自信があるならば、ぜひ一度
この「チャーシュー野菜つけめん」を堪能しに
行ってみてはいかがでしょうか。






薩摩角煮つけそば


ラーメン屋らしからぬ外装


最初に行くとくれる卵のサービス券
レトルトパウチで耐久性を高め、
永遠に客に持たせるつもりらしい


チャーシュー野菜つけそば


卵がつけ汁に浮いているのではなくて
野菜に乗っているところに注目


【ランチ】つけめん 650円 味噌つけめん750円 平打ちつけめん 750円
薩摩チャーシューつけめん 950円 チャーシュー野菜つけめん 950円
薩摩角煮つけそば1,100円  大盛 無料 特盛+100円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/suzuran.htm


2004.9