渋谷区道玄坂2-23-14
道玄坂225ビル B1
03-5784-6680

17:30〜27:30 無休

地図はここ

「ふうん、あした長野の須坂に行くんだ。
 須坂も蕎麦どころだけど、あそこの蕎麦は
 パサパサしてて、私、あんまり好きじゃない。」

新潟県十日町市でのこと。
たまたま入った飲み屋の女の子のひとことです。

たしかに彼女にとって、信州の蕎麦は
パサパサしてると感じるだろうなぁ、と思いました。
それほど、十日町の彼女たちがふだん食べている
蕎麦は“しっとり・つるつる”しているのです。

東急本店に向かう文化村通りにあるこの店は、その
“しっとり・つるつる”の「へぎそば」を食べさせる店。

よく本に、“へぎそばは「へぎ」という平らな木の器に
入っているのが最大の特徴”などと書いてありますが
それは外見上の違いのひとつにすぎません。

最大の特徴は、蕎麦につなぎとして布海苔(ふのり)が
練り込んであること。もともと布海苔は繊維産業で
よく使われる海藻で、これを煮詰めて「糊」にします。

この布海苔に、もともと織物産業が盛んだった
十日町の蕎麦屋が目をつけ、練り込んでみたのが
はじまり。その“しっとり・つるつる”の食感の良さから、
瞬く間に一帯に広まったとのことです。

渋谷のこの店の「へぎそば」は、その発祥の地、
十日町の特徴をよく受け継いでいて、食感はもとより
薄味のつゆなども、「由屋」「春日屋」といった地元の
名店とあまり変わらないものを味わうことができます。

ぜひ、“蕎麦はのど越し重視”というひとに試して
いただきたいと思います。

地下にある店内は思いのほか広く、カウンターのほか
様々なスタイルの座敷や個室が用意されていて、
夜は夜で居酒屋としても重宝しそうです。




ランチのかつ丼セット


ランチの天丼セット・そば大盛り
たしかに上の写真と量が違う

【ランチ】 ミニ丼+もりまたはかけそば 893円 
ミニ鶏カツ丼+もりまたはかけそば 893円 ミニ十穀米とろろ飯+もりまたはかけそば

へぎそば 大(3〜4人前) 3,150円 中(2〜3人前) 1,890円 手振り(1〜2人前) 1,260円

天婦羅盛合せ 1575円 焼き味噌 525円 出汁巻き玉子 735円
鱧入り薩摩揚げ 840円 山芋磯辺揚げ 630円
エビス生ビール 630円 久保田 百寿 515円 久保田 千寿 735円 八海山 本醸造 945円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/takumi.htm


2005・1