豊島区高田3-17-8
03-3989-0296

11:30〜14:00(土除く)
18:00〜21:00
日祝休

大きな地図で表示



料理を食べて、激しく感動したのは久しぶりでした。

こんなにうまみがあって臭みのない豚肉があり、
こんなに軽いさくさくとしたとんかつがあるとは。

私のこれまでのとんかつの概念のすべてを、
完全に打ち破るほどの衝撃でした。


高田馬場駅から北に向かうとつきあたる新目白通り。
そこから右に5分ほどの場所にある、なんの変哲も
ない店構えのとんかつ屋。

店は決してきれいとは言えません。
洋食のコック姿の頑固そうな主人と奥さんのふたり。
席はL字型カウンターに10席ほどと小さな座敷に
テーブルが3つ。どうみても普通のとんかつ屋です。

しかし出てくるものが、普通のとんかつとは
まったく次元の違うものだったのです。

上記のとおり、おそろしく軽い歯触りにまず驚きます。
油の重さをまったく感じさせないサクサク感。
それでいてやわらかい肉からはほのかな甘味と
うま味に満ちた肉汁があふれてきて、なおかつ臭みが
まったくありません。ほのかな肉汁の“香り”さえ
感じられるほど。

ソースなんかいらず、塩ですらいらず。

しっかりついた下味と肉のうまみだけで一枚全部を
味わって行けるほど。実際、この「特ロース定食」も
後日の「特ヒレカツ定食」も、ちょっと塩を試してみた
だけで、まったくほかの調味料の類は使わずに
食べ終わりました。(キャベツにはソースを使いましたが)

「一切れは何もつけずに。また、
 一切れは塩で、黒コショーで、ゴマで、
 などいろいろな味をお楽しみくださいませ。」

こう、ナプキン入れの側面に書いてある通り、
この店ではまずはそのまま食べてください。
もし塩味が足りないと思えば塩で食べていけば、
この肉のうま味は存分に味わえるでしょう。

逆に、このとんかつをどうしてもソースを使わな
ければ食べられない、というのであれば、その人は
単に「ソース味のものを食べたい」のであって、
お好み焼きでもたこ焼きでも焼そばでも何でもいい
ということなのかもしれません。そういう人はむしろ
この店には行く必要がないのでしょう。


この店に行かずしてとんかつを語るなかれ。

好みの問題はあるでしょう。
しかしこの店のとんかつが、ひとつの極致であることは
間違いありません。


ランチのロースカツ定食(1,000円)



信じられないほど軽い口当たり
切り口からは肉汁があふれでる



新目白通りにある小さな店


特ロース定食
豚汁・わかめの味噌汁・しじみ汁が選べる


ソースの解説と
食べ方のアドバイス


特ヒレ定食




【ランチ】 ロースカツ定食 840円 ヒレカツ定食 945円 ミックス定食 1,155円

特ロースカツ定食 1,890円 特ヒレカツ定食 1,995円 特ミックス定食 2,310円
上ロースカツ定食 1,260円 上ヒレカツ定食 1,365円 上ミックス定食 1,575円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/tonta.htm


2005・10