渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区道玄坂1-6-1
03-3461-1627

11:45〜25:00
第2月休

大きな地図で表示




【下の方に2010年7月の追記があります。】



「なんだ、店内は煙たくないじゃん…。」


これが最初に入ったときの率直な感想でした。

なにしろ鳥竹といえばモウモウとした煙。
マークシティ南側を煙で埋めつくさんとするかのような
攻撃的な排気は、通りの視界を悪化させ、通りすぎた
だけで上着に匂いがついてしまいそうな感じなのです
から。

しかし、これだけの煙を出しておきながら店内の
空気をきれいに保つとは、並大抵でない換気がされて
いるということ。そのため、夏の冷房の費用は尋常では
ないはずです。

マークシティ南側といえば、渋谷に残されたおやじの
最後の牙城。24時間営業の居酒屋が建ち並び、入居
する店のほとんどがキャバクラというビルがあるなど、
とくに夜はとてもがきんちょが寄りつけない雰囲気が
漂っています。

そのなかでもこの店は、井の頭線の駅をはさんで対峙
する「森本」と並ぶ老舗の焼鳥屋。
モウモウと出し続ける煙も、この地の“先住民”だから
こそ誰からも文句を言われずにいられるのでしょう。

ランチで入って頼んだのは「焼き鳥丼」。
串3本分がごはんの上に乗るオーソドックスなもので、
ねぎま2本がレバーをはさむ形になっています。
レバーが苦手な場合は注文の際に言えば交換が可能
ですが、しかしこのレバーはしっとりしていてなかなかの
もの。やはりモウモウと煙を出すだけあって回転が早い
のでしょう、新鮮でいいレバーです。
肉はひとつひとつがかなり大きめで、たれも思ったほど
辛くはなく、しっかりとした味付け。

「親子丼」もまたオーソドックスながら薄味でやさしく
卵のとじかたも丁寧。ふらっと思い出して食べたくなる、
そんな親子丼です。

店内に入ってみてわかったのですが、この店は結構
客が入っていて、昼時など満席で客を待たせるほど。
10人ほどのカウンターとテーブルが少しある1階と、
テーブル中心の2階があり、キャパシティはそんなに
少なくないはずなのですが、それだけの客が来ると
いう理由はやはりこの焼き鳥丼をはじめとするお得感
あるメニューによるところが多いのでしょう。

お得感あるランチでもよし、本来の焼鳥屋としても
ボリュームある焼き鳥をつまみに楽しく飲めるでしょう。

煙に負けず、一度行ってみてください。
 




周辺を埋めつくす煙
よく周囲が許し続けるものだと感心する



ランチの焼き鳥丼
ハム入りのサラダと味噌汁、漬物がつく


真ん中のレバーがとくに秀逸だが
苦手ならば他の串に変更も可


ランチの親子丼
店内が暗く、画像に補正をかけたため
色が悪いが、本物はきれいな色





あらためて「うまい」と思いました。
「鳥竹」のやきとり丼。

とくにレバーのややねっとりとした感触は絶妙で、
レバーの苦味・パサパサ感ともにほとんど感じられず
うま味が口いっぱいに広がって行きます。
久しぶりにうまいレバーを食べたという幸福感のような
ものがわいてきます。

実はこの店の前に入った立ち呑み居酒屋でのランチで
頼んだカキフライが15分たっても出てきませんでした。
暑いなか立ち呑み屋でずっと立って待つ苦痛。
中国人らしき店員の対応も悪く、キャンセルを宣言して
店をあとにしました。

そうしたことがあって気が立っていたのが嘘のように
晴れていくのがわかるほど、このレバーの与えてくれた
ものは大きかったのです。


しかしこの店はなにも変わっていません。

周囲にまき散らされるその攻撃的な煙も変わらず。
一階の、カウンター中心の暗い店内も変わらず。
厨房で、雑談をしながらも黙々と串を刺す男たちの
姿も変わらず。

この店の正面にある井の頭線をくぐり、「森本」から右へ
JR渋谷駅の方向に続く通りは最近、焼鳥屋が激増。
「渋谷やきとりストリート」の様相を呈しています。

この店はさながら、「渋谷やきとりストリート」の終点と
いった風情でしょうか。

店内の黒板にあった「うな茶」「冷製うなぎチャンプル」
など、食べたことのないメニューに興味をそそられ、
「こんどは夜に来るぞ」と誓って煙のなか店をあとに
しました。

やっぱり、こういう店も使いこなせなくちゃだめです。



久しぶりの「やきとり丼」
なにも変わらずにうまい


相変わらず攻撃的な煙だこと


ちょっとサラダが貧弱になった気もするが
たまたまなのか野菜高騰のあおりか


マークシティ北側の路地は
「渋谷やきとりストリート」の様相


「うな茶」「冷製うなぎチャンプル」とは?


【ランチ】やきとり丼 800円 ミニやきとり丼 650円 親子丼750円
鳥なべ定食 1,000円 唐揚定食 700円 うな丼 1,200円 日替わり定食 750円

砂肝 300円 ボンボチ 350円 ナンコツ 320円 やき鳥丼 950円
うなぎ蒲焼 1,300円 やき鳥コースメニュー 2,000円
ビール(大) 600円 焼酎 350円 ハイサワー 450円


このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/toritake.htm


2006・9  2010・7追記