渋谷とっておき!!ホーム 渋谷区渋谷3-18-5
和田ビル1F

03-5475-5701

11:00〜23:00
不定休

大きな地図で見る





これはもう、ネーミングの勝利です。

「俺のハンバーグ」。

この、あふれんばかりの自信を感じさせる“俺の”に、
ハンバーグという家庭料理を組み合わせる意外感。
この言葉に誘われ、ついふらふらと入ってしまいそう
です。


この店では、看板の「俺のハンバーグ(1,600円)」と
「自家製ハンバーグ(1,000円)」の二種類を食べて
みました。

まず「自家製ハンバーグ」。
これはなかなかのおすすめです。
実際には“ちょっと贅沢に作った家庭のハンバーグ”の
域を越えていないのですが、それがかえって日常食と
しての安心感につながっています。

コテコテのポテトサラダに炒めたスパゲッティ、そして
お茶碗に盛られたご飯(おかわり自由)に味噌汁。
さらに小鉢にはきんぴらごぼうやひじき煮がつきます。
いまどき、普通の家庭でもハンバーグに味噌汁を付け
たりはしないのに、あえて付けるのは古きよき洋食屋
のような雰囲気を演出したいのでしょう。

ハンバーグ自体の味付けはとてもシンプルで、スパイス
などはあまり感じられません。またソースは、デミグラス
ソースとは言いつつも、アツアツの肉汁にケチャップや
ウスターソースを合わせて作ったような味。
親しみやすさに重点を置いたのでしょうが、残念なのは
このソースを含め全体の味付けが少々塩辛いのが
気になること。

とはいえ全体としては上々で、専門店として勝負するに
十分なメニューに仕上がっています。


一方で、この店のフラッグシップとも言うべきメニュー、
「俺のハンバーグ」。

木製トレー上に小さな鉄製のパンという、うやうやしい
姿で出てきた俵型のハンバーグは、しかし何の音も
立てません。ソースが沸騰し泡を立てるわけでもなく、
ハンバーグ自体もアツアツという状態ではありません。

私が入った午後2時という時間が悪かったせいもある
のかもしれません。しかしこういう演出をするのなら
やはりちゃんとソースが飛び散らんばかりの熱さで
出してもらわないと、見た目の期待感が大きいぶん
かえってがっかり感だけが残ってしまいます。

また、ハンバーグの中央に埋め込まれたクリーム。
生ハムで包んだコーンクリームということですが、
濃い味のハンバーグのなかで登場されても、味に
インパクトがないためいまひとつ意味がわかりません。

ほかにもエリンギなどのキノコ類をちりばめたりして
見た目の豪華さもあるのですが、正直、1,600円出して
もう一度このメニューを頼むかと聞かれれば、私個人は
首を横に振ることでしょう。


日常食であり、嫌いな人はほとんどいないハンバーグ
というメニューの専門店として、この店の安心感は
大きな武器となっています。

ひとり、または少人数での日常のランチにはとても
いい選択肢となる店です。


「自家製ハンバーグ」
お茶碗に盛られたごはんと味噌汁がつく


ハンバーグ自体にはスパイスをあまり
使っておらず、家庭的な味。


最初に出てくる小鉢と特製ジュース
ジュースには各種野菜の他に
マンゴーなども入っていて飲みやすい


明治通りに面した雑居ビルの一階
高級感を醸しだす外装


「俺のハンバーグ」
鉄板がほんのり温かい程度
だったのはとても残念


真ん中に埋め込まれた
コーンクリームと生ハムはインパクト不足


小鉢は日替わりのようで
ひじきの煮物の日も



俺のハンバーグ 1,600円 自家製ハンバーグ 1,000円 ハンバーググラタン 1,100円
豚の生姜焼き 1,000円 ビーフシチュー 1,300円 若鶏のトマト煮込み 1,000円



このページのURL:
http://www.totteoki.jp/shibuya/yamamoto.htm


2008・12